AROUND JAPAN

(愛媛県の道の駅 no.18)

道の駅 清流の里ひじかわ

駅基本情報
駅名 清流の里ひじかわ(せいりゅうのさとひじかわ)
住所 愛媛県大洲市肱川町宇和川3030
駅名の由来 「ひじかわ」は市町村合併前の旧町名の肱川町より。肱川町は清流として有名な肱川の中流域に位置する町。 初冬の風物詩の「肱川あらし」の発生源でもある。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、コンビニエンスストア、鹿野川主婦の店、コインランドリー
特産品 肱川ラーメン、肱川うどん、肱川おこし、肱川しょう油、肱川原木椎茸、文楽もなか、一口タルト、 いよかんタルト、坊ちゃん団子、いもケンピ、蜂蜜

スポンサーリンク

旧肱川町民の生活拠点

 松山自動車道の大洲富士ICから国道197号線を南東に14km、 愛媛県西部の旧肱川町(現大洲市肱川町)に本駅「清流の里ひじかわ」はある。 本駅までの道中は車窓の片側が肱川、もう片側は山林の風景。 「この先に本当に道の駅はあるの?」と心配になるような原野の中のドライブが続くが、 やがて道の駅を示す看板が現れ、カーブの先に小さな集落と本駅が見えてくる。
 本駅が位置する旧肱川町は一応「町」を名乗っているが、人口は約1900人。 限りなく「村」に近い「町」である。 本駅はこの旧肱川町民の生活の拠点となる道の駅。 商業施設が極端に少ない肱川町エリアだが、 本駅にはスーパー、レストラン、弁当屋、コンビニ、居酒屋、床屋、コインランドリーがあり町民の生活を支えている。
 また、本駅は道の駅巡りにおいても貴重な道の駅。 本駅は「日吉夢産地」「きなはい屋しろかわ」 「ゆすはら」「布施ヶ坂」 と続く国道197号線沿いの「四国道の駅巡り・秘境編」の起点となる道の駅。 本駅からの道のりは長いので、本駅で休憩を取り長旅に備えたい。 また、本駅は拠点としてだけでなく施設そのものもなかなか魅力的。 あまりハードルを上げるのは良くないが、 「田舎の道の駅の割には」という修飾語を付ければ「意外と楽しみの多い道の駅」と言えるだろう。

肱川ラーメンが特産品

 まず物産館の紹介だが、販売されている商品は約100種類。 田舎の道の駅としては十分過ぎるくらいの品揃えである。 販売されている商品も肱川町域のもの、合併後の大洲市全般の商品、愛媛県全般の商品ととても多彩。 土産品選びには困らない品揃え…、いや、商品があり過ぎてかえって悩んでしまうかも知れない。
 肱川町域の特産品では「肱川ラーメン」「肱川うどん」「肱川おこし」「肱川しょう油」 「肱川原木椎茸」の「肱川」と名が付く5つの商品が目に付く。 私がどれを買おうか迷っていると、店員が寄ってきて「肱川ラーメンがお勧めです」と教えてくれた。 店員によると「肱川ラーメン」は肱川の町興しのために開発された商品。 「とんこつ味」「しょう油味」「みそ味」など6つの種類があるが、 中でも人気になっているのは「とんこつ味」。 とんこつならではのコクを残しつつあっさり味に仕上がっており、特に女性の間で人気になっているらしい。 私も実際に食べてみたが、その通りの味。人気になるのも頷ける味に感じた。 商品名に「肱川」とは付かないものの「文楽最中」も肱川町伝統の菓子。 大正6年創業の「福栄堂菓子舗」が提供する大きな最中で、肱川町の伝統芸能である「大谷文楽」から命名されている。
 愛媛県全般の商品では道後温泉銘菓の「坊っちゃん団子」が目に付く存在。 「一口タルト」「いよかんタルト」も人気になっている。

2つのカレーに注目

 続いて本駅のレストラン「おしどり」だが、ここでは2つのカレーが名物。 「宇和島じゃこカツカレー(800円)」は名前の通り愛媛名物の「じゃこカツ」が入ったカレー。 もう一つは建設計画中の山鳥坂ダムをイメージした「山鳥坂ダムカレー(1100円)」。 堤防を海苔、放水路をウインナーで表現したSNS映え必至のカレーである。 地元野菜がたっぷり入った「肱川ちゃんぽん(850円)」も人気のメニュー。 アジフライ、じゃこカツ、鶏唐揚げを味わうボリューム満点の「ミックスフライ定食(1100円)」もある。
 物産館から20m位離れた所にある「鹿野川主婦の店」は鮮魚、精肉、一般食料品等を扱うスーパーマーケット。 店舗内には「食べ処/呑み処 味人」があり、ここでも食事を取ることができる。 名物メニューは「Wハンバーグ定食(1210円)」「唐揚げとエビフライ定食(1160円)」「すだち塩ラーメン(720円)」の3品。 主にボリューム重視のメニューが並んでいる。


道の駅看板

道の駅看板

オリジナルの看板

縦長の本駅オリジナルの看板

駅施設

木造の窓が大きな駅施設。左側に物産館、右側にレストランが入る。

物産館入口

物産館入口。いよぎんのキャッシュコーナーもある。

レストラン「おしどり」

レストラン「おしどり」。2つのカレーが名物。

肱川ラーメン

物産館の一番人気の肱川ラーメン。写真はとんこつ風味(300円)。 塩味、味噌味、しょうゆ味(各270円)、カレーラーメン(320円)もある。

コンビニ

コンビニ(デイリーショップヤマザキ)もある。営業時間は7時~20時。

鹿野川主婦の店

物産館から20m位のところにある鹿野川主婦の店。食料品、弁当等を販売している。 店内には食事処兼呑み処「味人」もある。

休憩所

道の駅内には結構大きな休憩所がある

故郷の風景の切り絵

イベントホール内では故郷の風景をテーマにした切り絵を展示

駅から見る肱川の風景

駅から見る肱川の風景(2012年11月撮影)。紅葉が綺麗。

近隣のお勧め宿泊施設

■大洲市交流促進センター 鹿野川荘
 (口コミ平均4.3点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南に2km
 - 料金(5,909円~)
 - 温泉あり/食事付きプランもあり
 - 大自然の中の温泉宿
 - 大浴場、客室からは鹿野川湖を一望

   

■小薮温泉
 (口コミ平均4.4点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南西に3km
 - 料金(朝食付き1人6,131円、2人計11,272円~)
 - 山間にある静かな一軒宿

 

■ふれあいの里 鹿鳴園
 (口コミ平均--点/5点満点)

 - 道の駅から南東に4km
 - 料金(2人計7,272円~)
 - 鹿野川湖を望むコテージ[10人まで宿泊可]

   

■河辺ふるさとの宿
 (口コミ平均4.5点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から北東に14km
 - 料金(2食付き1人8,727円、2人計13,272円~)
 - 2人以上は素泊まりプランあり[2人計7,272円~]
 - 廃校を利用したノスタルジックな宿
 - 郷土料理と満天の星空が自慢

   
(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件、及び宿までの地図はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)