AROUND JAPAN

(埼玉県の道の駅 no.09)

道の駅 両神温泉薬師の湯

駅基本情報
駅名 両神温泉薬師の湯(りょうかみおんせんやくしのゆ)
住所 埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄2380
駅名の由来 「両神温泉」は温泉の名称。ちなみに「両神」は市町村合併前の旧村名の両神村より。「薬師の湯」は温泉の愛称。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、パン販売所、温泉施設
特産品 両神まんじゅう、毘沙門水、秩父蜂蜜、生芋蒟蒻、秩父蒟蒻、蒟蒻うどん、秩父そば、刺身山ふぐ、干し椎茸

スポンサーリンク

埼玉県西端の村にある道の駅

関越自動車道の花園ICから国道140号線沿いに南西に約20キロ、その後、県道37号線沿いに西に17キロ。 県道に入ってからは本当にこの先に道の駅があるのかと不安になるような原野を走り、 やがて小さな集落が現れ、それと同時に本駅の位置を示す道の駅看板が現れてくる。 本駅が位置するのは埼玉県西端の旧両神村(現小鹿野町両神)。 同じく埼玉県にある道の駅「大滝温泉」と共に、関東地方では最も田舎にある交通の便が不便な道の駅の一つと言えるだろう。

純粋に湯を楽しむ温泉施設

本駅の目玉施設は温泉施設。泉質はアルカリ性単純温泉で肌がスベスベになる美肌温泉である。 施設は内湯のみの単純な構造。露天風呂もサウナも、最近流行りの打たせ湯、寝湯などの変わり湯も一切なく、 純粋に湯を楽しむための温泉施設である。 内湯ではあるものの、建物は大きなガラス窓が付いており眺望は抜群。春夏は新緑を、秋には紅葉の景色を満喫できる。 温泉内にはレストランがあり、ここでは薬師そば、生乳ソフトクリーム等を味わうことが出来る。

物産館では蒟蒻、蜂蜜などを販売

温泉施設の横には農作物直売所を兼ねた物産館がある。 さすがに都心からかなり離れた立地のため客の数は少ないが、特徴ある特産品を数多く販売している。 目に付くのは蒟蒻で、生芋蒟蒻、秩父蒟蒻、刺身山ふぐ(刺身蒟蒻)等が店頭に並んでいる。 蒟蒻とうどんをミックスさせた「蒟蒻うどん」という商品もある。土日限定販売であるが「両神まんじゅう」も人気商品。 秩父蜂蜜、干し椎茸も両神村及び周辺地域の特産品である。 平成の名水百選に選ばれた「毘沙門水」も人気の商品。両神村の西にそびえる毘沙門水の麓から湧き出す水で、 カルシウムとミネラルが豊富に含まれているのが特徴である。

秋はダリア、冬は氷柱を楽しむ

さて、わざわざ埼玉最果ての地まで来たならば、周辺の観光地にも立ち寄りたい。 小鹿野町では秋にはダリア、冬には氷柱の景色を楽しむことが出来る。 まず、ダリアだが駅から4キロ西のダリア園で楽しむことが出来る。 関東地方最大規模のダリア園で300種類、5000株のダリアが園内に咲き誇る。 氷柱の方は少し遠いが駅から約10キロ西の国道299号線沿いにある尾ノ内氷柱でその景色を楽しむことが出来る。 秩父地方には3大氷柱と呼ばれる3つの氷柱があるが(他の2つは道の駅「大滝温泉」、道の駅「果樹公園あしがくぼ」を参照)、 規模においては尾ノ内氷柱が最大である。 スプリンクラーで水滴を飛ばして作った人工の氷柱ではあるが、その迫力と美しさに圧倒される。


道の駅看板

道の駅看板

物産館

農作物直売所を兼ねた物産館

温泉施設

温泉施設

毘沙門水

平成の名水百選に選ばれた「毘沙門水」

薬師そば

レストランの人気メニューの「薬師そば」。おにぎりが付いている。

ダリア園より

駅から4キロのところにあるダリア園より。写真は小ぶりな品種の「絵日記」。

ダリア園より

300種、5000株のダリアが咲いている

尾ノ内氷柱

駅から約10キロのところにある尾ノ内氷柱