AROUND JAPAN

(和歌山県の道の駅 no.08)

道の駅 しらまの里

駅基本情報
駅名 しらまの里(しらまのさと)
住所 和歌山県有田郡有田川町宇井苔213-1
駅名の由来 近くにある「白馬の滝」より
施設 物産館、農作物直売所、パン工房、レストラン
特産品 椎茸、酢、醤油、筍、鮎の姿焼き、山椒、梅干し

和歌山県中央部の旧金屋町(現有田川町)にある道の駅。有田から龍神に抜ける裏道の国道424号線沿いで2つの長いトンネルの間にある 秘境的な駅である。


道の駅看板

農作物直売所。駅施設はこれのみである。椎茸、酢、醤油、筍、鮎の姿焼きなどが販売されている。

駅横を流れる修理川の上空を泳ぐ鯉のぼり。春の風物詩である。

近隣の宿泊施設

- 道の駅から南東に13km(1人3,500円、2人計6,000円~/温泉あり/食事付きプランもあり)
美山温泉 愛徳荘

- 道の駅から南西に15km(1棟8,000円~)
鳴滝バンガロー

- 道の駅から南西に15km(1人4,000円、2人計6,600円~/温泉あり)
きのくに中津荘


近隣の宿をじゃらんnetでもっと調べる
近隣の宿を楽天トラベルでもっと調べる

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件、及び宿までの地図はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)