AROUND JAPAN

(滋賀県の道の駅 no.16)

道の駅 せせらぎの里こうら

駅基本情報
駅名 せせらぎの里こうら(せせらぎのさとこうら)
住所 滋賀県犬山郡甲良町金屋1549-4
駅名の由来 「こうら」は町名の甲良町より。甲良町は町内13箇所に親水公園が整備されており、 町内の至る所で用水路のせせらぎ音が聞こえるため「せせらぎ遊園のまち」と呼ばれている。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、軽食コーナー、ピザ&喫茶コーナー
特産品 こうらの米粉シフォンケーキ、赤カブ蒟蒻、近江牛ラーメン、近江牛ビーフカレー、 銘菓「びわ湖舟」「びわ湖キララ」「水まんじゅう」、巾着くず餅、甲良米

スポンサーリンク

せせらぎ遊園のまち

名神高速道路の彦根ICから国道307号線沿いに南に8キロ、滋賀県の東部で県内で2番目に小さな町の甲良町に本駅「せせらぎの里こうら」はある。 甲良町は町内に13箇所の親水公園がある町。町内の至る所に用水路があり、用水路のせせらぎ音が聞こえる町である。 ただ、道の駅周辺は残念ながら用水路から離れた地域。 用水路のせせらぎ音を楽しむには道の駅から西に2キロの位置にある下之郷地区に向かうと良い。 用水路のせせらぎ音だけでなく水車もあり、耳と目の両方で甲良町を感じることが出来るだろう。 寄り道する時間の無い方は道の駅構内にある用水路風の池を楽しみたい。 耳を澄ませばせせらぎ音が聞こえるかも知れない。

農作物直売が中心の道の駅

駅施設は農作物直売所を兼ねた物産館が中心。 販売されている品は農作物が7割、物産品が3割で地産の農作物販売が中心となる道の駅と言えそうだ。 販売されている商品は季節により異なるが、公式ホームページからの情報によると40種以上の野菜を扱っているそうだ。 特産品コーナーでは甲良町の特産品が多数…と言いたいところだが、残念ながら町のオリジナル商品は「甲良の米粉シフォンケーキ」を始めとする数品のみ。 湖東地区(びわ湖東部地区)全般の特産品である「近江牛ラーメン」「近江牛ビーフカレー」「赤カブ蒟蒻」「彦根シフォンケーキ」や びわ湖をモチーフにした銘菓「びわ湖舟(舟型の生姜煎餅)」「びわ湖キララ(びわ入りゼリー)」「びわ湖水まんじゅう(餡入り葛餅)」 「びわ湖鮎パイ」等が販売されている。 道の駅交流コーナーも設けられており小豆島のオリーブ麺、香川県の醤油、熊本県の矢部茶などを購入する事が出来る。

「食」の施設は3つ

本駅の「食」に関する施設は3つ。物産館横にある軽食コーナー、レストラン「幸楽(こうら)食堂」、ピザ&喫茶の「ピッツェリア ウノ」がある。 まず軽食コーナーでは「こうらうどん(320円)」が人気。「肉うどん(410円)」「こんにゃく串(100円)」、おにぎり各種(100円~140円)もある。 夏の期間はラムネソフトクリームも販売されている。 「幸楽食堂」では60種類もあるバラエティに富むメニューが自慢。 うどん、そば、スパゲッティ等の麺類や他人丼、うな玉丼等の丼物メニューもある。 「ピッツェリア ウノ」はマルゲリータ、地元野菜のピザ、近江牛ピザの3種類のピザを販売。 スープ、コーヒーや最近話題のアサイージュースも販売されている。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。左側の建物は物産館、右側の建物は幸楽食堂

ココラちゃん

看板に描かれた町のキャラクターのココラちゃん。コアラをモチーフにしているが、単に町名と似ているだけで町内にコアラがいる訳ではない。

用水路をイメージした池

駅構内には用水路をイメージした池がある

こうらの米粉シフォンケーキ

特産品の「こうらの米粉シフォンケーキ」

幸楽食堂

60種類のメニューがある幸楽食堂

ピッツェリア ウノ

ピザ&喫茶の店「ピッツェリア ウノ」