AROUND JAPAN

(熊本県の道の駅 no.17)

道の駅 子守唄の里五木

駅基本情報
駅名 子守唄の里五木(こもりうたのさといつき)
住所 熊本県球磨郡五木村甲2672-54
駅名の由来 駅が位置する五木村は「五木の子守唄」の発祥の地であるため
施設 物産館、レストラン、温泉施設
特産品 五木焼酎「五木のせせらぎ」、自然薯そば、五木せんべい、蒟蒻、葉わさび、五木豆腐

スポンサーリンク

五木の子守唄の発祥の地

九州自動車道の人吉ICから九州山地を縫うように走る国道445号線を北に約40キロ、山間の小さな村、五木村に本駅はある。 五木村は熊本県の中でも特に田舎と呼べる地域。人口も1000人程度でおそらく五木村の存在を知っている日本人の割合は僅か であろう。しかし、五木村は誰もが一度は聞いたことがある「五木の子守唄」の発祥の地。人の心の中にいつまでも宿っている 村であると言えるだろう。

素朴な田舎を味わうことが出来る駅

本駅の駅施設は物産館、レストラン、温泉施設から成る。物産館ではここでしか買うことが出来ない五木焼酎「五木のせせらぎ」 が販売されている。寒暖の差が激しい五木村は蕎麦の生産に適した気候で自然薯そばも特産品として販売されている。素朴な味が 人気の「五木せんべい」も五木村の特産品。蒟蒻、葉わさびといった田舎料理に必須の食材も販売されている。本駅のレストランは 田舎料理を楽しむことが出来る。特に五木豆腐を使った料理は本駅の推しメニューのようだ。

温泉、古民家、モニュメント等、楽しみが沢山

本駅には食以外の楽しみも多数ある。まずは物産館から少し歩いたところにある温泉施設。泉質は単純温泉で内湯、露天風呂、 サウナがある。道の駅温泉は一般的に利用客が多く混雑することが難点だが、さすがに都市部から遠く離れたこの場所まで 訪れる人は少なく、ゆったりと温泉を楽しむことが出来る。温泉の近くにある茅葺屋根の古民家も見学しておきたい。見学は 無料で、部屋の中には雛人形が飾られている。駅前の公園にはモニュメントが多数。「子守唄の里」だけあって母と子に関する モニュメントが多い。これらの施設、展示物も合わせてチェックしておきたい。


道の駅看板

道の駅看板

物産館「山の幸」

物産館「山の幸」。ここでしか買えないという焼酎「五木のせせらぎ」「五木せんべい」、その他自然薯そば、蒟蒻、葉わさび が目についた。

温泉施設「夢唄」

温泉施設「夢唄」。内湯、露天風呂、サウナを備えた施設。

古民家の展示

茅葺屋根の古民家が展示されている

雛人形の展示

茅葺屋根の民家の中では雛人形が飾られている

モニュメント「ママあいたかった」

モニュメント「ママあいたかった」。この他、母と子に関するモニュメントがいくつかある。