AROUND JAPAN

(熊本県の道の駅 no.15)

道の駅 錦

駅基本情報
駅名 錦(にしき)
住所 熊本県球磨郡錦町大字一武1544-1
駅名の由来 町名より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン
特産品 蔵人まんじゅう、柱・踏み台等の木工製品、伊予柑、甘夏みかん、デコポン、いちご

スポンサーリンク

歴史と温泉の町、人吉の隣町

九州自動車道の人吉ICから東に約20キロ、錦町の町役場近くの町の中心部に本駅はある。 但し、錦町といってもピンと来る人は少ないだろう。 錦町は人吉市の東にある小さな町である。 人吉市は城下町の古い街並みが残り町の中心を球磨川が流れる日本情緒が溢れる町。温泉もあり、SLも走る観光地である。 錦町の道の駅の紹介で人吉市の紹介をするのはどうかと思うが、 人吉観光のついでに訪れたい駅である。

木工製品と女性用装飾品販売が目立つ駅

本駅は物産館、農作物直売所、レストランから成る一般的な道の駅である。但し、販売されいる商品は他の道の駅とは一味違う。 錦町はかつては林業で栄えた町で木工製品が特産品。本駅でも木工製品が数多く販売されている。 特に多く販売されているのが柱と踏み台。ただ、一体どれくらい売れるのだろうか。あまり道の駅で売れそうな商品とは思わないが。 また、錦町は「雛祭りの里」と呼ばれるほど女性に優しい町。 女性用の装飾品販売が盛んで、髪飾り、ブローチ等が本駅でも販売されている。 普通の特産品としては果物がある。伊予柑、甘夏みかん、デコポン、イチゴ等が販売されている。 季節によって桃、梨、メロンも店頭に並ぶらしい。 町の英雄「丸目蔵人佐」の名を冠した「蔵人まんじゅう」も特産品として販売されている。

駅横にはとても大きな「錦・くらんど公園」

本駅の横には「錦・くらんど公園」というとても大きな公園がある。 錦町出身の剣豪「丸目蔵人佐」を記念する公園で、公園内には銅像と墓がある。 丸目蔵人佐は足利時代の剣豪で宮本武蔵に二刀流を伝授したといわれている。 公園内は桜の名所になっており、初春には綺麗な花を咲かせる。


道の駅看板

道の駅看板

物産館・農作物直売所

駅施設。この地方はひな祭りの里と呼ばれており、髪飾り、ブローチ等、女児・若い女性向きの商品が販売されている。 その他、甘夏みかん、デコポン、イチゴ等果物も盛んに販売されている。

錦・くらんど公園

駅隣接の錦・くらんど公園。とても広い公園である。

丸目蔵人佐の銅像

剣豪・丸目蔵人佐の銅像。足利時代の武将である。