AROUND JAPAN

(熊本県の道の駅 no.01)

道の駅 小国

駅基本情報
駅名 小国(おぐに)
住所 熊本県阿蘇郡小国町大字宮原1754-17
駅名の由来 町名より
施設 物産館
特産品 蜂蜜、巣みつ、小国杉の下駄、高菜漬け、大阿蘇ラーメン

スポンサーリンク

全面ミラーガラス、トイレから外が丸見え?

大分自動車道の日田ICから国道212号線沿いに南に約40キロ、山と湖が目の前に見える迫力あるドライブコースを約1時間走った後に、 こじんまりとした街並みと共に本駅が見えてくる。駅施設は全面ミラーガラス張りの風変わりな建物で巨大なUFOのようにも見える。 建物の外からは中の様子は見えないが、実は建物の中からは外の様子が丸見えで、建物の1階のトイレからは外の様子が丸見えである。 もちろん外からは見えないので安心だが、何だかとても変な気分になる。

小国杉を用いた特産品

本駅は熊本県北端の小国町に位置する。小国町は面積の約80%は杉林で林業が盛ん。この町の杉は「小国杉」と呼ばれ良質の木材として有名である。 本駅の物産館でも小国杉を用いた木工製品が販売されている。特に小国杉を用いた下駄が目についた。 その他物産館では、蜂蜜、巣みつ(蜂の巣付きの蜂蜜)、近隣の阿蘇地域の特産品の高菜漬けと大阿蘇ラーメンが目についた。 道の駅施設としては物産館のみであるが、駅の近くには食事をする施設がいくつかあり、小国とんかつ、小国そば等この地ならではの料理を楽しめる。

町の交通の要所として機能

本駅はJR九州がまだ国鉄と呼ばれていた国鉄宮原線の肥後小国駅の跡地にある。1985年に国鉄宮原線は廃止されたが、 廃線後はバスターミナルになっている。私が駅を訪れた時も数台のバスが本駅の停留所に入って来た。本駅はバスの待合所としても機能している。 駅の横には線路と駅名標が残されており、在りし日の鉄道の姿が感じられる。


道の駅看板

道の駅看板

道の駅看板

全面ミラーガラスで覆われた駅施設。1Fに物産館、2Fに観光案内所がある。

駅隣接のレストラン

駅施設ではないが、近隣にあるレストラン。小国そば、小国とんかつ等、小国町の名産物を食べることができる。

肥後小国駅跡

旧国鉄宮原線の肥後小国駅跡。鉄道公園という程のものではないが、町民にとって懐かしい鉄道の跡が保存されている。

近隣の宿泊施設

- 道の駅から南東に4km(13,181円~/温泉あり/3棟の温泉付き離れのテラス/夕食は近くの食事処をご案内)
風のテラス 古天神

- 道の駅から北に8km(2人計12,600円~/温泉あり/「化粧水いらず」と呼ばれる良質泉/ボリューム満点の夕食)
ふくみ山荘

- 道の駅から北東に10km(朝食付き1人7,727円、2人計12,727円~/温泉あり/大分・熊本の両県に跨る宿/客室は半露天風呂付の離れ造り)
麻生釣温泉 亀山の湯・宿


近隣の宿をじゃらんnetでもっと調べる
近隣の宿を楽天トラベルでもっと調べる

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件、及び宿までの地図はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)