AROUND JAPAN

徳島-14 大歩危

徳島県西端の旧山城町(現三好市)にある道の駅。吉野川が生んだV字峡の大歩危(おおぼけ)峡のほぼ中心部にあり、観光の拠点にもなる。 古くから妖怪伝説が残る町であり、またゲゲゲの鬼太郎にも登場する「児泣き爺」の誕生の地であることから「妖怪の町」として町興しを行っている。

道の駅看板
駅施設。物産館、レストラン、妖怪博物館、石の博物館がある。
妖怪博物館入り口
レストランの人気は祖谷そば。物産館でも祖谷そばは人気商品である。
大歩危峡の風景。小歩危峡から大歩危峡までおよそ8kmの間、V字峡を見ることが出来る。V字の深さは20m位ありそうな気がする。