AROUND JAPAN

(和歌山県の道の駅 no.34)

道の駅 ねごろ歴史の丘

駅基本情報
駅名 ねごろ歴史の丘(ねごろれきしのおか)
住所 和歌山県岩出市根来2020番地の1
駅名の由来 「ねごろ」は地域名の根来より。近くには史跡の根来寺を始めとして、ねごろ歴史館、旧和歌山県議会議事堂、 SL公園があり「ねごろ歴史の丘」と呼ばれている。
施設 物産館、レストラン、ねごろ歴史資料館
特産品 友ヶ島の味付けのり、芋ぽりぽり、蜂蜜、わらび餅、紀州梅干し、紀州梅酒、紀州備長炭

スポンサーリンク

岩出市の歴史と文化を伝える地域

京奈和自動車道の岩出根来ICから東に約500m、和歌山県北部の岩出市に本駅「ねごろ歴史の丘」はある。 本駅が位置する岩出市根来地区は歴史と文化を伝える地域。 史跡の根来寺は戦国時代に織田信長に味方して隆盛、豊臣秀吉に敗れて衰退、徳川家康の時代に復興を遂げた寺。 戦国時代の歴史の縮図と言える寺である。 根来寺の隣には旧和歌山県議会議事堂。 明治31年から昭和13年まで和歌山県の立法府となった場所である。 更に近くにはSL公園。明治から昭和まで、日本の輸送を担った蒸気機関車が展示されている。 本駅を訪れる際にはこれらの歴史と文化の遺産に触れてみるのは如何だろうか。 なお、根来寺と旧和歌山県議会議事堂は入場有料の施設。 共通入場券(大人500円)を使うとお得である。

グランドオープンは2017年度末の予定

本駅は2017年4月登録の新しい道の駅。 グランドオープンは2017年度末の予定で、グランドオープン前までは既存の施設で道の駅としての営業を行っている。 私が訪れた2017年6月の段階では、小さな物産館とレストラン、入場無料の「ねごろ歴史資料館」が営業していた。 物産館の人気商品は「友ヶ島の味付けのり」「芋ぽりぽり」「蜂蜜」「わらび餅」「紀州備長炭」の5品。 これらの品は店のお勧め商品として販売されている。 その他「紀州梅干し」「紀州梅酒」も数多く販売されている。 レストランでは麺類と丼物を販売。 「わかめうどん/そば(400円)」「きつねそば/うどん(500円)」「肉うどん/そば(600円)」「玉子丼(450円)」 「牛丼(600円)」「日替わり定食(600円)」等、お手頃価格のメニューが並んでいる。 なお、グランドオープン時には新しい建物を建設予定。 その中に大きな物産館とレストランが出来る計画になっている。

歴史の丘を散策

駅周辺には岩出の歴史を感じる施設が多数。 本駅を起点に歴史の丘を散策したい。 まずは入場無料の「ねごろ歴史資料館」。 「信仰と交流ゾーン」「文化と繁栄ゾーン」「シアターゾーン」があり、根来寺の歴史や坊・院で使われていた品々が展示されている。 歴史資料館から少し東に進むと旧和歌山県議会議事堂。 平成27年に再建された建物だが、文化財として適切に保存するために古材や当時の屋根瓦を用いて、 建築当初の姿に忠実に復元されている。 更に東に1キロ進むと根来寺がある。 秀吉との戦いに敗れた際、寺の大半が焼失してしまったが、大塔と大師堂は焼失を免れ現在でも雄大な姿を見せている。 また、本駅から根来寺に至る道中は桜の名所。桜の季節には大勢の観光客で賑わうようだ。


入り口の看板

プレオープン期間中は国土交通省の正式な道の駅看板は無し。この看板が目印。

物産館

プレオープン期間中はこの建物の中で物産品を販売している

レストラン「ねごろ庵」

麺類、丼物を販売するレストラン「ねごろ庵」

ねごろ歴史館

入場無料のねごろ歴史館。プレオープン期間中は道の駅スタンプはここに置かれている。

旧和歌山県議会議事堂

和歌山県指定文化財の旧和歌山県議会議事堂。入場料は大人300円。根来寺との共通券(500円)を購入すれば実質タダとなる。

根来寺

少し歩いて根来寺へ。入場料は500円。写真は国宝の根来大塔。大塔の他にも庭園など見所が多数ある。