AROUND JAPAN

(和歌山県の道の駅 no.19)

道の駅 一枚岩

駅基本情報
駅名 一枚岩(いちまいいわ)
住所 和歌山県東牟婁郡古座川町相瀬290-2
駅名の由来 駅横にある国の天然記念物の一枚岩より
施設 物産館、レストラン
特産品 柚子ジュース「柚香(ゆか)ちゃん」、柚子ゼリー、柚子味噌、しそジュース、じゃばらドリンク

スポンサーリンク

迫力の一枚岩の正面に

本駅は和歌山県南部の古座川町にある道の駅。 国指定の天然記念物の一枚岩を正面に見る場所に位置している。 古座川町は観光資源に富むが日帰り客が多く観光収入に結びつかないという問題を抱えているが、 町内の観光施設を道の駅に登録して認知度を上げ、観光施設を循環してもらうことにより宿泊客を増やすという戦略を立てている。 その第一弾が本駅「一枚岩」である。 本駅の登録が2009年、以後2010年に「瀧之拝太郎」、2013年に「くしもと橋杭岩」、 2014年に「虫喰岩」と続けざまに観光拠点が道の駅登録されている(くしもと橋杭岩は隣の串本町)。) さて、一枚岩であるが高さ100メートル、幅500メートルの大岩壁で、これだけの大岩盤が風化せずに残っているのは日本全国でも珍しいらしい。 本駅からはこの大岩盤の迫力ある姿を見ることが出来る。

柚子関連商品が多数

駅施設は物産館とレストランから成る。施設は平均的な道の駅よりもかなり小さい方。 道の駅登録効果で多少客は増えたものの、現状、訪れる客は多くはなく、ゆったりと観光をすることが可能である。 物産館で目につくのは柚子関連商品。古座川町は柚子の産地として昔から有名らしい。 柚子関連商品の例を挙げると、柚子ジュース、柚子ゼリー、柚子味噌など。 柚子ジュースは幾つかの種類があるが、特に農林水産省食品流通局長賞受賞の「柚香(ゆか)ちゃん」が目についた。 1本160円と手頃な価格なので、ここに来た記念に味わってみるのは如何だろうか。 しそジュース、じゃばらジュースも人気商品のようだ。 レストランでは郷土料理の「うずみ膳」が店の一押しメニュー。 からあげ定食、トンカツ定食等の定食類、カレー、そば、うどん、ラーメン等もある。 古座川天然水を用いたコーヒーも人気である。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設「鹿鳴館」

駅施設「鹿鳴館」。不思議な屋根の形状を持つ施設である。

一枚岩

駅正面にある一枚岩。毎年4月19日前後と8月25日前後は夕陽を受けて「守り犬」が現れる。 また豪雨の時は一枚岩の上から下まで一気に流れ落ちる滝も現れる。

柚子ドリンク「柚香(ゆか)ちゃん」

柚子ドリンク「柚香(ゆか)ちゃん」。適度に酸味もあり中々美味しかった。

古座川峡の風景

駅近くの橋から見た古座川峡の風景