AROUND JAPAN

(兵庫県の道の駅 no.09)

道の駅 みなみ波賀

駅基本情報
駅名 みなみ波賀(みなみはが)
住所 兵庫県宍粟市波賀町安賀8-1
コード 304 530 332*48
駅名の由来 「波賀」は市町村合併前の旧町名の波賀町より。波賀町は南北に細長い町で、本駅は町の南部に位置すること、 及び、既に町内には道の駅「はが」が存在したことから「みなみ」が駅名に付け加えられた。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、パン工房
特産品 宍粟杵つき餅、宍粟とち餅、芋こん団子、わさび漬け、葉わさび、葉わさび漬け、わさび昆布、自然薯、 丹波黒大豆煮豆、丹波黒豆茶、ブルーベリー、宍粟牛笹うどん、波賀味噌、三年熟成味噌、アマゴ塩焼き、 塩バターパン、日本酒「播州一献」「老松」、ブルーベリーワイン、りんご酒、宍粟メイプル米

旧波賀町内2つ目の道の駅

 中国自動車道の山崎ICから国道29号線を北に21km、兵庫県西部の旧波賀町(現宍粟市波賀町)に本駅「みなみ波賀」はある。 本駅は旧波賀町内では「はが」に次ぐ2つ目の道の駅。 本駅がオープンしたのが1996年なので、1993年に道の駅制度が発足してから、 たったの3年で旧波賀町内に2つの道の駅が誕生したことになる。 ちなみに「はが」も本駅「みなみ波賀」も田舎の割にはかなり立派な道の駅だが、 本駅の方が品揃えが豊か。どちらに行くか迷った方は本駅を選ぶのがお勧めである。
 本駅は2018年4月にリニューアル。元々、そこそこ広い販売スペースを持つ道の駅だったが、 リニューアルによって農作物直売所、物産館のスペースをさらに拡張。扱う商品数も約2倍になった。 私は最初にこの一報を聞いた時、正直「人口約3千人の波賀町の道の駅に拡張は必要なの?」 「過剰投資では?」と懐疑的に見ていたが、今回、リニューアル後の本駅を初めて訪れて驚いた。 一般的に混雑する土曜日の正午という時間帯もあったが、駐車場は満車状態、店内は人だらけ。 町民の半分くらいが集まっているのではと思う位の盛況で、リニューアルは大成功だったと言えるだろう。 後述するが特産品のピックアップ方法や商品説明も面白く、見ているだけでも楽しい。 人気のレストランもあり、訪れて損のない道の駅と言えるだろう。

宍粟ブランド認定品がズラリ

 本駅は物産館、農作物直売所、レストラン、パン工房から成る施設構成。 週末の特定日は「葉わさび漬け」「芋こん団子」「アマゴの塩焼き」の露天直売コーナーが設置され、より楽しみが広がる。
 まず、物産館の紹介だが、旧波賀町や合併後の宍粟市の特産品を500種類くらい販売している。 ところで、皆様は道の駅の店内に入って整然と商品が多数並んでいるのを見て、 「商品は多数あるけど、何を買うべきか迷ってしまう」と思ったことは無いだろうか。 一般的に道の駅は公共施設。特定の商品に肩入れすることは難しいが、本駅に関しては別。 店内には「宍粟ブランド品コーナー」があり、大きなパネルを使って商品を説明してくれるからありがたい。 是非とも、本駅における土産品選びの参考にして頂きたい。
 宍粟ブランド品をいくつか紹介すると…、まずは「宍粟きねつき餅工房」が提供する「揚げかき餅」。 宍粟市産のもち米を使用し米油で揚げたもの。えび/ごま/のり/しその4つの味を楽しむことが出来る。 価格は105g入りで350円。 実は製造会社の「宍粟きねつき餅工房」は本駅の敷地内にあり、本駅では出来立ての「揚げかき餅」を購入することが出来る。 「中谷物産(株)」が提供する「宍粟牛笹うどん」も宍粟ブランドの一品。 こちらは宍粟市のブランド牛肉の「宍粟牛」を、同じく宍粟市名物の「笹うどん」にトッピングして味わう豪勢な商品。 5食入り5400円と少々高いが、お世話になった方へのお中元等に如何だろうか。 その他にも宍粟市産丹波黒豆を使った「丹波黒豆煮」や「ブルーベリー」「しそロールケーキ」等が販売されている。
 また、宍粟ブランド品には認定されていないものの、是非チェックして頂きたい品が2品ある。 一つは「葉わさび漬け」。「葉わさび」とは一般的に「わさび」として食用される茎の部分ではなく葉の部分のこと。 綺麗な水が流れる波賀町内ではわさびの栽培が盛んだが、特に波賀町では葉の部分の食用も盛んである。 葉わさびには強力な抗酸化作用がありアンチエイジングやデトックスに効果大。 本駅では葉わさびの醤油漬けと粕漬が販売されている。 もう一品は「芋こん団子(200円)」。 こちらは残念ながら週末限定だが、店内で生芋の状態から手作りしたもの。 団子状の蒟蒻を串刺しにしてオリジナルの汁に漬け、熱々の状態で味わうことが出来る。
 物産館の横にある農作物直売所では地産の野菜を100種類くらい販売。 名物はここでも「葉わさび(400円)」。「葉わさび調味液(160円)」とともに販売されている。 自然薯も波賀町の特産品。価格は私が訪れた時は1kgで3750円(変動あり)。 平均1本で60cm位、2280円前後で販売されている。 その他、キャベツ、フキノトウ、タラの芽、明日葉などの高原野菜が目に付いた。
 また店内にはパン工房もある。パン工房では「塩バターパン」と「メロンパン」が名物になっている。

身体に優しいランチバイキング

 本駅の「食」の施設は「レストラン楓の里」が中心。 地元の野菜や特産品を使ったランチバイキングを楽しむことが出来る。
 目玉料理は波賀名物の自然薯を使った「自然薯とろろ」。ドロドロで粘りのある食感を満喫できる。 杵つき餅を薄く切り、しゃぶしゃぶで味わう「杵つき餅しゃぶ」も人気の料理。 宍粟市産鹿肉入りのシチュー、カレーも味わうことが出来る。
 料金は60分で大人1300円、小人650円(税別)。土日祝日は大人1500円、小人750円になるので、 なるべくなら平日に利用したい(土日祝はかなり混雑するので尚更)。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。右側にレストラン、左側に物産館がある。

物産館入口

物産館入口。パン工房もある。

レストラン「楓の里」

レストラン「楓の里」

レストラン「楓の里」のモットー

レストラン「楓の里」のモットーが表示されている。 要約すると「地産の米が美味しい」「旬の野菜が美味しい」「鹿肉には免疫力向上効果あり」 「自然薯にはアンチエイジング効果あり」。

葉わさび漬け、アマゴ塩焼き、芋こん団子の出店

週末には葉わさび漬け、アマゴ塩焼き、芋こん団子の店が出店する

駅裏を流れる引原川

駅裏は清流で有名な引原川が流れる

近隣のお勧め宿泊施設

(宿名の前の丸数字は地図上の数字に対応したものです。 お勧め順ではありません)

■①東山温泉メイプルプラザ
 [MAPCODE] 304 623 554*46
 (口コミ平均4.0点/5点満点、お勧め度★☆☆)

 - 道の駅から北東に8km
 - 料金(1人5,909円、2人計10,000円~)
 - 温泉あり/食事付きプランもあり
 - 【注】北側からのアクセス道路は狭路で通行止めの場合あり[宿ページを参照/迂回路利用時は道の駅から9km]

   

■②スポニックパーク一宮 国見の丘山荘
 [MAPCODE] 304 326 490*10
 (口コミ平均4.3点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南東に9km
 - 料金(2人計12,363円~)
 - 食事付きプランもあり
 - 最大50%offになる直前割あり
 - BBQ可能なキッチン付きコテージ

   

■③いろりの宿 木の助
 [MAPCODE] 491 541 480*52
 (口コミ平均5.0点/5点満点、お勧め度★★★)

 - 道の駅から東に14km
 - 料金(2食付き2人計39,600円~)
 - 🐶ペット可[要問合せ]
 - 囲炉裏のある古民家の宿

   

■④ホテル日新会館
 [MAPCODE] 114 891 798*67
 (口コミ平均3.9点/5点満点、お勧め度★☆☆)

 - 道の駅から南に21km
 - 料金(朝食付き1人5,100円、2人計8,710円~)

   

🐶ペット旅

■⑤ロッジ ふじなし
 [MAPCODE] 532 100 659*03
 (口コミ平均4.4点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から北に24km
 - 料金(1人5,546円、2人計10,000円~)
 - 食事付きプランもあり
 - 🐶ペット可のプランあり[追加料金+1,000円]
 - 近隣の温泉施設の割引券付き

   

大きな地図で見る(パソコン閲覧時のみ有効)

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件の詳細はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)