AROUND JAPAN

(三重県の道の駅 no.15)

道の駅 いが

駅基本情報
駅名 いが
住所 三重県伊賀市柘植町6187-1
駅名の由来 市名の伊賀市より
施設 物産館(コンビニエンスストア)、レストラン
特産品 とんてき串カツ、伊賀の米「伊賀嵐マイ」、どて煮、イカ昆布ふりかけ、伊勢もち、伊勢えびせん、伊勢うどん、忍ジャエール、 伊賀越漬け、伊賀漬け

スポンサーリンク

名阪国道上のPA的道の駅

本駅は三重県の亀山市と奈良県の天理市を結ぶ国道25号線、通称「名阪国道」沿いにある。 名阪国道は高速道路ではないが自動車専用道路で、速度制限はあるものの高速道路に準ずる道路と言える。 その名阪国道には2つの道の駅がある。一つは奈良県の「針T.R.S.」、そしてもう一つが本駅。 針T.R.Sに比べると少々地味だが、針T.R.Sにはない重要な役割が本駅にある。 それは「24時間営業」であること。 本駅の物産館はコンビニエンスストアを兼ねており、食料品、日用品から地域の特産品まで24時間、いつでも購入することが可能である。 なお、本駅は西向き(大阪方面)のみ利用可能で、本駅の道路を挟んで向かい側の東向き道路上にある伊賀サービスエリアは道の駅ではない。 東向き方面からアクセスする場合は一旦、伊賀ICで名阪国道を降りて一般道経由で本駅に向かう必要がある。 但し、本駅も東向き方面の伊賀サービスエリアも運営会社は同じなので、扱っている商品は同じかも知れない。 (すみません。伊賀サービスエリアの方は未確認です)

小さいながら特産品は多数

駅施設はコンビニエンスストアを兼ねた物産館とレストランから成る。 物産館は小さいながらも伊賀市、及び三重県の特産品を数多く揃えている。 本駅の人気商品は伊勢地方の特産品で特に「伊勢もち」は本駅の売上No.1だそうだ。 「伊勢うどん」「伊勢えびせん」も販売されている。 地元の伊賀市の特産品も数多く販売されている。 伊賀の水を用いたジンジャエール、名付けて「忍ジャエール」はネーミングも面白い。 伊賀の米、名付けて「伊賀嵐マイ」は伊賀市公認の萌え忍者キャラクター「マイ」とのコラボ商品である。 伊賀伝統の漬物「伊賀越漬け」「伊賀漬け」も販売されている。 伊賀との関連は分からないが「イカ昆布ふりかけ」もあり、こちらは2014年全国ふりかけグランプリの金賞の商品である。

名物「とんてき串カツ」は1本たった80円

食の方に目を向けると、まず物産館の入り口で販売されている「とんてき串カツ」が目につく。 「とんてき」は豚肉を黒い濃厚な特製ソースに絡めた四日市の名物だが、本駅のとんてき串カツはとんてきをフライにしている。 もちろん、特製ソースを付けて食べる。値段が1串たった80円と言うのが嬉しい。味も中々である。 また、本駅にはレストランもある。 ここでは伊賀牛の大判焼き重(1700円)等の本格料理からうどん、そば等の軽食まで幅広い食事を楽しむことが出来る。 注目はB級グルメの3品。「みそ焼きうどん定食」「とんてき定食」「伊賀っ子丼」でいずれも人気急上昇中らしい。 その他、ソフトクリーム、焼きたてパンのコーナーもある。


道の駅看板

道の駅看板は自動車専用道路上にあるため撮影できず。代わりにこの看板で代用…

物産館

コンビニエンスストアを兼ねた物産館は24時間利用可能

とんてき串カツ

物産館入り口付近で販売されている「とんてき串カツ」

レストラン

レストランでは軽食、B級グルメ、本格料理を味わうことが出来る