AROUND JAPAN

(岐阜県の道の駅 no.23)

道の駅 クレール平田

駅基本情報
駅名 クレール平田(クレールひらた)
住所 岐阜県海津市平田町野寺2357-2
駅名の由来 「クレール」はフランス語で「明るい」という意味。「平田」は市町村合併前の旧町名の平田町より。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン
特産品 よもぎドーナッツ、よもぎケーキ、よもぎソフトクリーム、草餅、モロコ煮、鮎の甘露煮、鱒の甘露煮、寒天、蒟蒻、柿タルト、柿餅

スポンサーリンク

長良川沿いにある道の駅

本駅は岐阜県南西部の旧平田町(現海津市平田町)にある。名神高速道路の岐阜羽島ICから南西に約6キロ、 長良川堤防沿いの高台に駅は位置している。ちなみに長良川堤防沿いを進む県道23号線は信号が殆ど無い快適な道路。 但し、道路の両端は谷のように落ち込んでおり、しかもガードレールが無いため運転には注意が必要である。 駅はレンガ風造りの小ぶりなお洒落な建物。この建物の中に農作物直売所を兼ねた物産館とレストランがある。

特産品は「よもぎ」のはずだか…

平田町の古くからの特産品は「よもぎ」である。これは間違いのない事実なのだが、意外と本駅にはよもぎ関連の商品が少ない。 8年前に本駅を訪れた時にはもっと沢山のよもぎ関連商品があったような気がするが、 私が物産館の中で見つけたよもぎ関連の商品は「草もち総本家 九洲屋」の「草もち」のみであった。 これも時代の流れなのだろうか。 但し、レストランではよもぎ関連のメニューがまだまだ残っている。 一番人気は「よもぎドーナッツ」。1個100円で販売されている。 その他、よもぎ蕎麦、よもぎソフトクリームも販売されている。

長良川の幸を用いた特産品も

期待していたほどよもぎ関連の商品は見つからなかったが、だからと言ってこの駅の評価を落とす必要は全く無い。 その証拠に本駅は年間59万人の客を集める岐阜県内屈指の人気駅、 長良川の幸を生かした商品や新鮮野菜を求めて、県内外から数多くの客を集めている。 物産館では「モロコ(コイ科の小さな魚)煮」「鮎の甘露煮」「鱒の甘露煮」「寒天」「蒟蒻」「柿タルト」「柿餅」 「三川おかき」等の商品が並んでいる。 農作物直売所で販売されている商品は特に変わったものはないが、新鮮な野菜が万遍なく並んでいる。 レストランでは上記のよもぎ関連のメニュー以外に「みそかつ定食」「えびフライ定食」など隣の愛知県の名物メニューが目につく。 数量限定で季節によって内容が変わる「クレール季節弁当」も人気のメニューである。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

レンガ風造りのお洒落な駅施設。手前に農作物直売所を兼ねた物産館、奥の方にレストランがある。

草もち

物産館の中で私が唯一見つけたよもぎ関連商品の「九洲屋の草もち」

花販売

建物の外では花が販売されている

平田グランド

道を隔てて反対側には平田グランドがある