AROUND JAPAN

(長野県の道の駅 no.11)

道の駅 ほっとぱ~く・浅科

駅基本情報
駅名 ほっとぱ~く・浅科(ほっとぱーく・あさしな)
住所 長野県佐久市甲2177-1
駅名の由来 「浅科」は市町村合併前の旧村名の浅科村より。「ほっとぱーく」は旧浅科村が温泉地として有名であったこと、 及び「注目を集める」という意味で駅名に使用されている。
施設 物産館、レストラン、郷土資料館
特産品 五郎兵衛米、竹皮ようかん、栗かのこ、小布施らくがん

スポンサーリンク

最も海から遠い佐久市にある道の駅

本駅は長野県東部の旧浅科村(現佐久市)にある。 上信越高速道路の佐久小諸JCTから中部横断自動車道方面に進み佐久南ICで降りて、 そこから国道142号線沿いに西に2キロ進むと本駅が見えてくる。 佐久市は本州のへそに位置し、日本で最も海に遠い町としても有名。 四方を山に囲まれた美しい風景が自慢である。 駅施設は物産館とレストランが中心。旧浅科村に関する資料を展示した郷土資料館もある。

粘りと甘味が強い五郎兵衛米が特産品

本駅で最も人気のある商品は地産の米の五郎兵衛米。 五郎兵衛米は旧浅科村で生産されている高級米。蓼科山の湧き水を引いた「五郎兵衛用水」を使って生産されている。 保水性の強い粘土質の土地で栽培されているため粘りと甘味が強く、冷めても美味しいためおにぎり用の米として人気である。 一般市場には殆ど出回らないため、遠方より五郎兵衛米を購入するために訪れる客も多いらしい。 価格は5kgで2700円から3000円で販売されている。 その他の特産品は「竹皮ようかん」「栗かのこ」「小布施らくがん」等が販売されている。 レストランも五郎兵衛米を用いた食事が人気。 浅科の特産品である鯉の煮物、天ぷら、そば、ライスを全て味わうことが出来る「あさしな御膳」を始めとして、 味噌カツ、甘酢あんかけ、ハンバーグ等、浅科の味を満喫することが出来る。


道の駅看板

道の駅看板

物産館とレストラン

物産館とレストラン

郷土資料館にある展示物

郷土資料館にある展示物

駅周辺の風景

駅周辺の風景。水田に囲まれた長閑な雰囲気の中にある。

五郎兵衛米

物産館で販売されている五郎兵衛米。売り切れの場合もあるので要注意。