AROUND JAPAN

(長野県の道の駅 no.02)

道の駅 長野市大岡特産センター

駅基本情報
駅名 長野市大岡特産センター(ながのしおおおかとくさんセンター)
住所 長野県長野市大岡甲5275-1
駅名の由来 「長野市」は現在の市名、「大岡」は市町村合併前の旧村名の大岡村より。 道の駅オープン当時は「大岡村」という駅名であったが、2005年に市町村合併により大岡村が消滅した際、現在の駅名に変更された。
施設 物産館、食事処(2つ)
特産品 おやき、フルーツジャム各種(ルバーブ/プルーン/川中島白桃/あんず/等)、フルーツジュース各種(プルーン/信濃スイート/秋映/等)、 蜂蜜各種(クローバー/そば/りんご/フェアリーベッチ/等)、信州白ぶどうサイダー、信州りんごサイダー、あんずサイダー、 味噌ドーナッツ、イナゴの甘露煮、長芋

スポンサーリンク

芦ノ尻道祖神がお出迎え

 長野自動車道の安曇野ICから国道19号線を北へ。 道中は上流部でありながら水量が豊富でゆったりと流れる犀川の景色を右に左に見ながら31km、 長野県北部の旧大岡村(現長野市大岡)に本駅「長野市大岡特産センター」はある。 本駅は1993年4月の第1回道の駅登録時に登録された103の道の駅の中の一つ。 登録時は当時の村名をそのまま使って「大岡村」という駅名だったが、2005年の市町村合併の際に「長野市大岡特産センター」に改称されている。
 本駅に到着して、おそらく多くの方が感じるのは「建物が古い」とか「地味」といった印象ではないだろうか。 近年は各所で道の駅建て替え等によりお洒落な道の駅がいくつも誕生しているが、 本駅に関してはリニューアル等は行われておらず、26年前の「古き時代の道の駅」の姿のまま。 まあ、個人的な意見を言わせて頂けるなら、「昔の道の駅はこんな感じだったなあ」と郷愁を感じさせる本駅は、 できればこのままの姿で存続してもらいたいと感じている。 ただ、本駅を目的地にするには魅力不足かも知れない。どこかに行く途中に偶然、本駅に立ち寄れば、意外な魅力を発見出来るかも知れない。
 本駅の正面にたたずむのは長野オリンピックにも登場した「芦ノ尻道祖神」。 本駅を訪れた際には、道祖神に旅の安全、家族の健康などお祈りをされていくのは如何だろうか。

カツカレー、そば等が人気のメニュー

 本駅は物産館と食事処(2つ)から成る施設構成。 この訪れる客が少ない本駅に食事処が2つもあるのは個人的には驚きだが、 1つは道の駅直営、もう一つは道の駅のすぐ横にあるが道の駅とは無関係の個人経営の店のようだ。 道の駅直営の食事処では大岡村のお米を使った「カツカレー(900円)」が人気のメニュー。 注文を受けてからカツを揚げるため時間が掛かるが、その分、アツアツで美味しいカツを堪能できる。 地粉を使った手打ちそばも人気で「ざるそば(600円)」「天ざるそば(900円)」「かき揚げそば(700円)」等を味わうことが出来る。 「岩魚塩焼き定食(900円)」も注目のメニュー。駅横を流れる犀川の幸を味わうことが出来る。
 一方、道の駅の横にある個人経営の食事処「大岡食堂」は大衆食堂的なイメージの店。 「焼きカレー(850円)」「カレーライス(650円)」「豚肉の甘塩焼き定食(750円)」等を味わうことが出来る。

地産フルーツを使ったジャムとジュース

 本駅の物産館は信州産のフルーツを使った特産品が中心。 特にフルーツジャムは種類が豊富で「ルバーブジャム」「プルーンジャム」「川中島白桃ジャム」「ネクタリンジャム」 「あんずジャム」等が販売されている。 フルーツジュースも色々な種類があり「プルーンジュース」「しなのゴールドジュース」「秋映りんごジュース」等。 「信州白ぶどうサイダー」「完熟桃サイダー」「信州りんごサイダー」「あんずサイダー」等のサイダー類も販売されている。 信州ならではの商品ならば丸正醸造の「みそドーナッツ」は如何だろうか。信州ではかなりの人気商品らしい。 珍しいものでは「イナゴの甘露煮」。戦後間もない食糧不足のころ、貴重なたんぱく源として主に信州で食べられたそうだ。 食べるのには中々勇気がいるが、エビのような味がして意外と美味しいそうだ。 また、蜂蜜も数多く販売されている。そばの花を原料とした「そば蜂蜜」は信州らしい商品と言えそう。 農作物はあまり多く販売されていないが、大岡特産の長芋は数多く販売されている。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。奥が物産館とレストランが入る建物、手前は24時間トイレ。

芦ノ尻道祖神

駅入り口に鎮座する芦ノ尻道祖神。旧大岡村の伝統の祭りの芦ノ尻道祖神で、悪霊や疫病から集落を守る守護神として崇められている。

大岡食堂

駅横にある大岡食堂。焼きカレー、ラーメン、豚肉の甘塩焼き定食などを味わうことが出来る。

駅裏を流れる犀川

駅裏を流れる犀川の風景