AROUND JAPAN

(山梨県の道の駅 no.14)

道の駅 しらね

駅基本情報
駅名 しらね
住所 山梨県南アルプス市在家塚595-1
駅名の由来 市町村合併前の旧町名の白根町より
施設 (近隣施設に農作物直売所あり)
特産品 桃、柿、ひまわり玉子、そうめん南瓜(金糸瓜)、白根ワイン、甲州ワイン、漬物各種(沢庵/蒟蒻鉄砲/ピリリごぼう/他)、ほうとう、 アカシア蜂蜜、トマトピューレ、トマトソース

スポンサーリンク

駅施設は観光案内所のみ

本駅「しらね」は山梨県西部の東西に細長い旧白根町(現南アルプス市)にある。 中部横断自動車道の白根ICから僅か300mという恵まれた立地、 駅から見える南アルプスの風景、スカイブルーの屋根が特徴の可愛い駅施設。 何を取っても人気駅の要素が満載なのだが、公式の駅施設は観光案内所しかない少々残念な道の駅である。 ただ「公式の」という意味は国土交通省が認定する駅施設という意味であり、 実際には道の駅のすぐ北にJAの農作物直売所があり、道の駅の商業施設の代わりを果たしている。 どうせなら、JA施設を公式の道の駅施設にすれば良いのに…と思うのだが、色々と省庁の壁があるみたいで、 公式の道の駅の施設に認定するのは難しいようだ。

桃、柿、ひまわり玉子が特産品

JA施設を駅施設に含めるかどうかは色々と議論はあるようだが、道の駅利用者にとっては正直言ってどちらでも良い話。 本サイトでは道の駅の施設の一部として扱いたい。 JA施設では地産の農作物販売が目に付く存在。 特に「夏の桃」と「秋の柿」は白根町の自慢の商品で本駅でも大々的に販売されている。 プリプリの黄身が特徴の「ひまわり玉子」も本駅で販売。黄身につまようじが何本刺さるか競う大会があるそうだが、 ひまわり玉子は何と67本もつまようじが刺さり、日本一に輝いたそうだ。 白根ワイン、甲州ワインを中心としたワイン販売も盛ん。約50種類のワインが販売されている。 その他、漬物各種(イカスミ沢庵/梅肉沢庵/蒟蒻鉄砲/ピリリごぼう/他)、ほうとう、蜂蜜、 トマトピューレ、トマトジュースも特産品として販売されている。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。スペースはそこそこあるが、観光案内所しか入っていない。

JA施設への案内板

隣接のJA施設への誘導案内板。公式上はJA施設は道の駅施設に含まれていない。

JA施設の農作物直売所

道路を渡って北側にあるJAの農作物直売所

桃の食べ放題

夏の期間は桃の食べ放題が実施されている

柿の販売

秋には柿が販売されている

ひまわり玉子

黄身につまようじが67本刺さる「ひまわり玉子」(9個入り290円)

ひまわり玉子

取り敢えずつまようじを1本刺してみた