AROUND JAPAN

(石川県の道の駅 no.11)

道の駅 瀬女

駅基本情報
駅名 瀬女(せな)
住所 石川県白山市瀬戸寅163-1
駅名の由来 駅周辺の集落の「瀬戸」と「女原」を合成
施設 物産館、喫茶コーナー、豆腐の店「伝好」、蕎麦処「山猫」、瀬女峠茶屋
特産品 とちパフェ、とちの実せんべい、とち餅、とち蜜(蜂蜜)、くるみ餅、くるみ羊羹、どじょう蒲焼、白山なんば味噌、 白山ショコラ、吟上羊羹、加賀白山にわか蕎麦、白山堅とうふカレー、栗あんころ餅、地酒「菊姫」「白山」、瀬女焼(瀬戸物)

スポンサーリンク

白山白川郷ホワイトロードを抜けて

岐阜県と石川県の県境を唯一跨ぐ有料道路「白山白川郷ホワイトロード」。 ホワイトロード沿いの絶景に目を奪われつつ、更に8キロ西に進むと本駅「瀬女」が現れる。 白山白川郷ホワイトロード(旧名:白山スーパー林道)はかつて「日本一高い有料道路」と呼ばれた道。 全長33キロの道路の片道通行料金は3150円もしたため、関東圏を含む東側からのアクセスは二の足を踏む状態だった。 現在は通行料金は大幅に引き下げられて1600円となり、通行料金的にも本駅へのアクセスが容易となった。 ホワイトロード沿いはとても景色が良い道路。 時間に余裕があれば三方岩岳園地からの絶景、滝壺が道路沿いにある「ふくべ大滝」なども楽しみたい。

秘境にある充実した施設群

本駅が位置するのは石川県南東部の旧尾口村(現白山市)。 本駅の東側は有料道路、西側は交通量が少ない国道157号線。 周囲には殆ど民家は無く、道の駅版「秘境駅」の雰囲気が漂う。 しかし、駅施設はかなり充実。物産館の他に民営の店が3つもある。 客足もまあまあで、週末になると大型の観光バスが次々と乗り入れ、そのたびに多くの客が各店舗に入っていく。 物産館は800点以上の豊富な品揃えが自慢。 特に「栃の実」と「白山くるみ」は地域の自慢の特産品で、「栃の実せんべい」「とち餅」「とち蜜(栃の実で育てた蜂蜜)」 「くるみ餅」「くるみ羊羹」等が販売されている。 また物産館横の喫茶コーナーで販売されている「とちパフェ」は年間1000個以上売り上げる人気商品になっている。 また2016年の新商品としては「どじょう蒲焼」「白山なんば味噌」「白山ショコラ」がある。 おそらく今後、本駅の人気商品になっていくのではないだろうか。

民営の店も個性派ぞろい

道の駅のすぐ横にある民営の店も個性派揃い。忘れずにチェックしたい。 まずは「とうふの伝好」。作り立ての豆腐と油揚げを販売している。店内では豆腐料理も味わう事が出来る。 「とうふ膳(1400円)」「湯とうふ膳(1400円)」「とうふステーキ膳(980円)」等のメニューがある。 「蕎麦処山猫」は石臼手挽き自家製粉の十割そばが人気。「十割手挽きそば」「天せいろそば」等の蕎麦メニューがある。 「瀬女峠茶屋」では「味噌みたらし団子(1本150円)」が人気。「煮込みうどん(890円)」「なめこ煮込みうどん(890円)」 「山芋煮込みうどん(890円)」等、各種うどんメニューもある。


自家製看板

国土交通省の道の駅看板は存在しない。この大きな自家製看板が目印。

駅施設

駅施設。右の方に物産館と喫茶コーナーがある。

物産館

1階にある物産館はかなり大規模。品揃えも豊富。

ジオパークギャラリー

2階は白山のジオパークギャラリー

駅横にある民営の店

駅横にある民営の店。左から瀬女峠茶屋、蕎麦処山猫、とうふの伝好。

三方岩岳園地からの絶景

白山白川郷ホワイトロードの絶景ポイント(1)。「三方岩岳園地からの絶景」

ふくべ大滝

白山白川郷ホワイトロードの絶景ポイント(2)。「ふくべ大滝」