AROUND JAPAN

(富山県の道の駅 no.14)

道の駅 メルヘンおやべ

駅基本情報
駅名 メルヘンおやべ
住所 富山県小矢部市桜町1535-1
駅名の由来 「おやべ」は市名の小矢部市より。小矢部市はかつて街づくりのシンボルとして「メルヘンの街」を目指していた時期があり、 本駅の名称にも「メルヘン」が付けられている。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン
特産品 こんぶ餅、メルヘンサブレ、メルギューどら焼き、メルヘン牛カレー、メルヘンポークチャーシュー、 小矢部銘菓「薄氷」、ニシンの糀(こんか)漬け、大門(おおかど)素麺、フルーツサンド、 白えびせんべい、合掌手延べうどん、富山ブラックラーメン

メルヘン建築の街

 東海北陸自動車道の福岡ICから国道8号線を西に4km、富山県北西部の小矢部市に本駅「メルヘンおやべ」はある。 本駅は小矢部市の中心街から少し北に離れた場所に立地。 駅周辺は畑に囲まれているが、 2017年に道の駅の隣接地に三井アウトレットパーク北陸がオープンしてからは交通量が激増。 周りの景色の割には長閑な雰囲気はあまり感じられない。
 さて、本駅に関してちょっと気になるのは「メルヘン」という駅名。 実は小矢部市は過去に建築士の方が市長に就任したことがあり、 その時代に市の公共施設をメルヘンチックな西洋風建物にする政策を取っていた。 「メルヘン」という名称はその時代の名残り。 ただ、本駅は残念ながらメルヘン市長が退任後に建設された施設で「メルヘン」な建物ではない。 メルヘン建築に興味のある方は小矢部市のメルヘン建築のサイトを参照して遊覧するのが良いだろう。
 本駅に関しては、規模、客足共に「普通の道の駅」といった感じ。 実は過去には「大盛況の道の駅」だった時代もあったが、アウトレットパーク開業後は客が流れた感じがする。 ただ、その分、今ではゆったりと買い物、食事を楽しむことが可能になった。

「こんぶ餅」が人気No.1

 本駅は物産館、農作物直売所、レストランから成る道の駅。 商業施設以外にはドッグランと交流広場がある。 なお、長らく人気になっていた足湯施設は2021年3月に残念ながら閉鎖になってしまった。
 物産館で目に付く商品は小矢部市特産の菓子類。 「こんぶ餅」「メルヘンサブレ」「メルギューどら焼き」「白えび煎餅」等が販売されている。 特に「こんぶ餅」は本駅の売り上げNo.1の人気商品。 「こんぶ大好き」の富山県の県民性が産んだヒット商品である。 私も試しに購入して食べてみた。ただ、この「こんぶ餅」、一応、製品分類は「生菓子」になっているが、 ちっとも菓子らしくない。まず甘味が全くない。かと言って塩昆布のような辛味もない。 感じる味は昆布本来のほんのり染み出す旨味のみ。 私にはこの商品の素晴らしさを的確に表現することは出来ないが、 1個130円でばら売りされているので試しに味わってみるのは如何だろうか。 ちなみに「メルヘンサブレ」「メルギューどら焼き」は甘くて、誰でも美味しいと感じそうな味に仕上がっている。
 菓子類以外では小矢部市が発祥と言われている「ニシンの糀(こんか)漬け」が人気。 富山の伝統食であるニシンの糠漬けに糀(麹と同類)を加えたもの。 その後で唐辛子で更に熟成し、深みのある味に仕上がっている。 その他にも小矢部のブランド牛肉「メルヘン牛」を使った「メルヘン牛カレー」、 同じく小矢部のブランド豚肉を使った「メルヘンポークチャーシュー」等が販売されている。
 物産館の向かい側にある農作物直売所では小矢部市の新鮮な野菜や果物を約80種類販売。 特に地産の米「てんたかく」は人気商品になっている。

レストランでは「もつ」が人気

 本駅のレストラン「田舎」は定食、丼物、カレー、うどん、そば、ラーメン、総勢55種類のメニュー構成。 特徴はご飯ものメニューで使われているお米。微生物で育てた絶品のコシヒカリ、小矢部市宇川のお米を使っている。
 このレストランの人気メニューは「もつ」。なぜ小矢部市で「もつ」が人気なのかよく分からないが、 「もつ煮御膳(1000円)」「もつみそラーメン(920円)」が店の売れ筋メニューになっている。 富山名物「氷見うどん」を使ったメニューも本駅の自慢。 シンプルに味わう「温 氷見細麺うどん(750円)」「冷 氷見細麺ざるうどん(800円)」が人気になっている。 その他には黒い「富山ブラックラーメン(800円)」、白い「おやべホワイトラーメン(850円)」が富山県ならではのメニュー。 「エビフライ定食(1050円)」「とんかつ定食(980円)」等、全国共通の定番メニューも揃っている。



道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。「メルヘン」と名が付くが駅施設はメルヘンチックな建物ではない。

過去の駅施設

こちらは2012年の本駅の様子。大盛況で駐車場は満杯だった。

メルギューくん

本駅で唯一、メルヘンを感じさせる「メルギューくん」。小矢部市のシンボルキャラクター。

こんぶ餅とメルヘンサブレ

本駅の人気商品の「こんぶ餅(130円)」と「メルヘンサブレ(152円)」。共にばら売りされている。

フルーツサンド

こちらも物産館で販売されている「フルーツサンド(290円)」。SNS映えすると評判で人気上昇中。

レストラン「田舎」

絶品コシヒカリ使用。お米が美味しいレストラン「田舎」。

「もつ鍋御膳」と「もつみそラーメン」

レストラん「田舎」の人気メニューは「もつ鍋御膳」と「もつみそラーメン」

近隣のお勧め宿泊施設

■ファミリーロッジ旅籠屋・小矢部店
 (口コミ平均4.0点/5点満点、お勧め度★☆☆)

 - 道の駅のすぐ近く
 - 料金(朝食付き1人5,500円、2人計8,800円~)

   

■おやべクロスランドホテル
 (口コミ平均3.8点/5点満点、お勧め度★☆☆)

 - 道の駅から南に4km
 - 料金(5,000円~)
 - 朝食付きプランもあり[+1,000円/人]

   

■宮島温泉 滝乃荘
 (口コミ平均4.1点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から北西に5km
 - 料金(1人6,500円、2人計15,000円~)
 - 温泉あり/食事付きプランもあり
 - 料理が自慢の宿(夕食口コミは4.8点の高評価)

   

■アパホテル<砺波駅前>
 (口コミ平均3.8点/5点満点、お勧め度★☆☆)

 - 道の駅から南東に11km
 - 料金(1人4,363円、2人計6,000円~)
 - 朝食付きプランもあり[+818円/人]

   

My Select

■宮島温泉 滝乃荘

山奥の宮島峡にポツンと佇む一軒宿。宿周辺を少し散策すると美しい滝(一の滝)を見ることが出来る。 富山湾で採れた新鮮なお造りも美味しい。しっとりとした質感の温泉もある。


🐶ペット旅

■寛政三年 すいげつろうホテル
 (口コミ平均4.2点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南東に11km
 - 料金(朝食付き1人10,000円、2人計16,000円~)
 - 2食付きプランもあり
 - ペット可のプランあり[朝食付き2人計24,000円~]
 - ホテルの利便性と旅館の寛ぎがある宿
 - 楽天トラベルアワード銀賞受賞の宿

   

近隣の宿をじゃらんnetでもっと調べる
近隣の宿を楽天トラベルでもっと調べる

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件、及び宿までの地図はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)