AROUND JAPAN

(新潟県の道の駅 no.13)

道の駅 胎内

駅基本情報
駅名 胎内(たいない)
住所 新潟県胎内市下赤水387-1
駅名の由来 市名より
施設 物産館、レストラン(土日祝限定)、クアハウスたいない(温泉+プール)
特産品 胎内ハム、胎内ジャージー乳、胎内おかき、胎内市観光大使「やらにゃん」グッズ、桑茶、中条そば、乙まんじゅう、マコモダケ

スポンサーリンク

胎内市はザンネンな町?

本駅は新潟県北部の胎内市にある。 胎内市は東西に細長く、への字のように曲がった、まさに胎内のような形をした市である。 観光名所が多い割に今一つメジャーになりきれないザンネンな町…と言うと悪口に聞こえてしまうが、 実はこのフレーズは胎内市観光協会が自らの市を紹介するビデオの中の一句。 少々自虐的だが面白い観光PRビデオが道の駅の中でも放映されている。 ついでに言うならば、本駅の立地も少々ザンネンな場所。 主要国道の7号線沿いでは無く、国道から県道53号線沿いに東に1キロ程入らないと本駅には辿り着かない。 このため、訪れる客は比較的少なめである。

胎内ハム、胎内ジャージー乳、胎内おかき等を販売

駅施設は物産館と土日祝限定営業のレストランが中心。少し離れたところに温泉施設とプールを備えた「クアハウスたいない」がある。 物産館はとても小規模。但し、狭いスペースの中で胎内市の特産品が多数販売されている。 目につく商品は胎内ハムのコーナーでボンレスハム、フランクフルト、ロースハムなどハム、ウインナー各種が販売されている。 胎内ジャージー乳も胎内市の特産品。胎内ジャージー牛乳、胎内ジャージー飲むヨーグルト、胎内ジャージーアイスクリーム等がある。 胎内と名が付く商品では「胎内おかき」もある。めちゃくちゃ美味しいという程ではないが、懐かしいシンプルな味のおかきである。 その他、桑茶、桑茶そば、桑茶うどん、中条そば、乙まんじゅう、マコモダケ等が特産品として販売されている。 物産館の奥には土日祝限定営業のレストランがある。 ここでは豚丼、焼きおにぎり、その他各種定食類を味わうことが出来る。

クアハウス胎内は市民に人気の施設

道の駅から5分ほどの距離には温泉とプールを備えた「クアハウスたいない」がある。 物産館の方はあまり客が多くないが、こちらのクアハウスは胎内市民に人気の施設で多くの客で賑わっている。 温泉のみの利用の場合は510円、プール+温泉利用の場合は1020円。 温泉は小さな内湯があるのみなので、どちらかと言えば料金は2倍だがプールを利用する方がお得な感じがする。 泉質はアルカリ性単純温泉。但し、近年は源泉の枯渇が問題になっており、将来的には温泉から普通の温浴施設に変更になる可能性もあるらしい。


道の駅看板

道の駅看板

物産館とレストラン

小さな木造の物産館。奥にレストランもある。

物産館

木造の物産館の横にもう一つ物産館がある

胎内おかき

特産品の胎内おかき。懐かしい昔ながらのおかきの味がする。

クアハウスたいない

温泉とプールを備えたクアハウスたいない

青銅製としては日本一の高さの越後胎内観音

青銅製としては日本一の高さの越後胎内観音

駅周辺の風景

駅周辺の風景。真ん中を流れる川は胎内川。