AROUND JAPAN

(埼玉県の道の駅 no.12)

道の駅 ちちぶ

駅基本情報
駅名 ちちぶ
住所 埼玉県秩父市大宮4625
駅名の由来 市名の秩父市より
施設 物産館、レストラン、蕎麦処、パン屋
特産品 秩父そば、シャクシ菜の漬物、岩魚寿し、秩父くるみやべし、秩父梅、秩父みそ、蒟蒻、酒まんじゅう、 秩父の地酒(「秩父錦」「武甲正宗」)

スポンサーリンク

蕎麦の町、秩父市にある道の駅

埼玉県西部、秩父市に本駅はある。秩父市には国道140号線、又は国道299号線を使って訪れることになるが、 どちらの道も秩父市に至る道中は民家を見つけるのも難しいくらいの森林の風景である(特に国道299号線)。 秩父市に近づくといきなり市街地が現れる感じである。 内陸性気候の秩父市は夏は暑く冬は寒い土地柄。 1日の中でも寒暖差が激しい場所である。 この気候のおかげで蕎麦の栽培が盛ん。 このため蕎麦は秩父市の名物で多くの蕎麦屋が存在する。

秩父そばと岩魚寿司が特産品

駅施設は物産館と蕎麦処から成る。 物産館では秩父名物の「シャクシ菜の漬物」が人気である。 個人的にお勧めの品は「岩魚寿司」。荒川の上流域にある秩父市は川魚の宝庫。 2個入りのパックもあり、少しだけ味わいたい人にも嬉しい販売形式になっている。 この他、秩父そばを味わうことが出来る蕎麦処、 障害福祉団体が運営する手作りパンの店がある。 また、武甲山の地下水を水源とした「ちちぶの水」の無料水汲み場もある。

羊山公園の芝桜は一見の価値あり

秩父市観光は春の芝桜と冬の秩父夜祭が特に有名であるが、今回は春の羊山公園の芝桜を紹介したい。 期間は4月下旬から5月上旬。開催期間は1~2週間と短いが、その分、公園内の全ての芝桜が一気に咲く。 公園全体が赤、白、ピンクに染まる景色は壮観そのものである。 私は何カ所か芝桜の名所を訪れたことがあるが、その中ではここが一番。 おそらく、訪問客の殆どが景観に満足するのではないかと思う。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

ヨーロッパ風建物の駅施設

ちちぶの水

ちちぶの水の無料水汲み場

特産品の岩魚寿司

特産品の岩魚寿司

羊山公園の芝桜

羊山公園の芝桜。背景の山は武甲山。

羊山公園の芝桜

こちらも羊山公園の芝桜