AROUND JAPAN

(福島県の道の駅 no.19)

道の駅 よつくら港

駅基本情報
駅名 よつくら港(よつくらこう)
住所 福島県いわき市四倉町字5-218-1
駅名の由来 駅横の四倉漁港より
施設 物産館、フードコーナー、喫茶コーナー、チャイルドハウス
特産品 七浜漬け、魚の干物、福鳥カレー、島田素麺、元祖カレーうどん、玄米そば、めひかりんとう、鰹せんべい、鯛せんべい、 道弁各種(押し寿司、海鮮丼、ウニ飯、黒穴子ちらし、ソースカツ丼)

スポンサーリンク

四倉漁港を眼前に

常磐自動車道のいわき四倉ICから東に5キロ、福島県南東部のいわき市の国道6号線沿いに本駅「よつくら港」はある。 本駅は駅名の通り四倉漁港の眼前にある道の駅。 東日本大震災の時には津波被害を受け建物が損壊したが、 震災から僅か1ヶ月後にテントを用いて営業を再開し復興のシンボルとして取り上げられた道の駅である。 本駅の愛称は「浜風香るシーサイド夢長屋」。 駅施設は2012年8月に建て替えとなったが、以前の建物を継承した長屋風の造りになっている。

物産館では海産物がたくさん

本駅は長屋風の建物の1階に物産館、2階にフードコーナーと喫茶コーナーがある。 少し離れたところに幼児を遊ばせるための無料の施設もある。 物産館ではやはり海産物が目に付く。 地元の木下醸造が提供する魚の干物コーナーがあり、ノドグロ、太刀魚、カナガシラ、穴子、柳カレイ等の干物が販売されている。 7種類の魚を使った刺身粕漬の「七浜漬け」も人気商品である。 いわき市の特産品コーナーというのも設けられており、ここでは「元祖カレーうどん」「玄米そば」が販売されている。 いわき港水揚げのメヒカリを用いた県立平商業高校プロデュースの「めひかりんとう」(ヒメカリ+かりんとう)もある。 その他には「福鳥カレー」「島田素麺」「島田よもぎ麺」「島田山芋そば」「雪姫ざるそば」、 小名浜湾の「鰹せんべい」と「鯛せんべい」もある。 また、物産館で目に付くのは道の駅弁コーナー。 押し寿司、海鮮丼、ウニ飯、黒穴子ちらし、ソースカツ丼など充実の品揃えである。

フードコーナーでは海鮮丼が人気

2階のフードコーナーには5つの店が出店している。 「よつくら喜一」はラーメンの店で、醤油ラーメンと塩ラーメンが販売されている。 「釜飯亭こころ」は海鮮釜めしを販売。和風と洋風の2種類がある。 「そば処松の月」はいわき名物の「鳥そば」や「鴨南蛮そば」などを味わう事が出来る。 「魚処 和」では「大海鮮丼」や「生うに丼」等の丼物を販売。1日10食限定の「メガ海鮮丼(1200円)」もある。 「ジェラード航」ではジェラードとソフトクリームを味わう事が出来る。 私は人気の「大海鮮丼(1000円)」を注文。9種類の魚介類と玉子焼きが付いた丼(味噌汁とサラダ付)で質量ともに満足する事が出来た。 ただ、1階の物産館内の惣菜コーナーでは同じ商品(味噌汁とサラダは付いていない)が580円で販売していたので、 惣菜コーナーで購入して自宅や車の中で食べる方がお得かも知れない。


道の駅看板

道の駅看板

モニュメント

津波監視塔を兼ねたモニュメント

駅施設

長屋をイメージした駅施設。1階に物産館、2階にフードコーナーと喫茶コーナーがある。

物産館

物産館には多くの客が集まる

フードコーナー

2階のフードコーナーには5つの店が出店している

大海鮮丼

人気のメニューの大海鮮丼(1000円)

チャイルドハウス

船の形状をしたチャイルドハウス「ふくまる」。無料で利用できる。

芝生公園

駅裏は芝生公園。週末には各種イベントが開催される。

防潮堤

防潮堤の工事が進み、駅からは海は見えない。