AROUND JAPAN

(福島県の道の駅 no.15)

道の駅 羽鳥湖高原

駅基本情報
駅名 羽鳥湖高原(はとりここうげん)
住所 福島県岩瀬郡天栄村大字田良尾字芝草1-3552
駅名の由来 羽鳥湖を中心とする高原リゾートの名称
施設 物産館、農作物直売所、レストラン
特産品 ヤーコン、きゅうりの一本漬け、地酒

スポンサーリンク

羽鳥湖高原リゾートの玄関口

本駅は福島県南部の天栄村にあるリゾート地「羽鳥湖高原」の入り口にある。 羽鳥湖高原は夏はゴルフ、冬はスキーやワカサギ釣りを楽しめるリゾート地。 駅周辺には別荘やペンションが建ち、例えるなら「小さな軽井沢」というような雰囲気である。 また、本駅の近くにあるブリティッシュ・ヒルズはイギリスの伝統文化を体験しながら英語を学べる施設として、 近年、英語の教育機関で注目を集めている。 但し、基本的には本駅は都会から遠く離れた静かな場所で、観光シーズンの週末を除けば駅は静まり返っている。 アクセスは東北自動車道の白河ICから白河羽鳥レイクライン(県道37号線)を北西に約30キロである。 本駅は羽鳥湖高原の観光案内や宿泊施設の紹介も行っており、羽鳥湖高原の玄関先としての役割も果たしている。

ヤーコンとキュウリの一本漬けが特産品

本駅の施設は物産館、農作物直売所、レストランから成る。 目についた商品は「羽鳥湖の風」という名称がつけられたキュウリの一本漬け。 「福島県ブランド化特定産品選定賞」を受賞した商品である。 また、天栄村の特産品であるヤーコンも販売されている。 私が訪れた日は寒くて販売が休止されていたが、ヤーコンソフトクリームも人気らしい。 その他、トマト、ピーマン、シシトウ等が特産品として販売されている。 レストランでは蕎麦、うどんがメニューの中心。ヤーコンうどんは特に人気のようだ。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

物産館とレストランが入る駅施設

羽鳥湖の風

「羽鳥湖の風」と銘打たれた商品は特産品のきゅうりの一本漬け

羽鳥湖

ダム湖の羽鳥湖。冬は凍結し美しい雪景色を見ることができる。