AROUND JAPAN

(福島県の道の駅 no.14)

道の駅 たまかわ

駅基本情報
駅名 たまかわ
住所 福島県石川郡玉川村大字岩法寺字宮ノ前140-2
駅名の由来 村名の玉川村より
施設 物産館、農作物直売所、軽食堂、アイシングクッキーの店
特産品 完熟さるなし、さるなしカレー、さるなしドリンク、さるなしワイン、さるなしソフトクリーム、 さるなしドレッシング、さるなし酢、トマトジュース、トマト酢、さるなし煎餅、空芯菜煎餅、聖人みそ、 空芯菜なすび蒟蒻、玉川麺、里娘そば、幻の三春そうめん、アイシングクッキー

スポンサーリンク

小さな駅から大きな空へ

東北自動車道の矢吹ICと常磐自動車道の小野ICを結ぶ高規格道路のあぶくま高原道路。 あぶくま高原道路の玉川ICから北東に約4キロ進んだ場所に本駅「たまかわ」はある。 本駅が位置するのは福島県南東部の玉川村。 玉川村は東西に10キロ、南北に5キロしかない小さな村だが、 その小さな村内には福島県内唯一の空港の福島空港がある。 村のキャッチフレーズは「小さな駅から大きな空へ」。 道の駅に関しては「日本一小さく、日本一元気な道の駅」を目標にしている。 その目標の通り、本駅は小さな道の駅。 本駅関係者の関東圏への売り込みにより道の駅の売り上げも上々で、「元気な」という目標もほぼ達成している。 この小さな道の駅だが、現在、約1億円を掛けて物産施設を拡張中。 今後「日本一小さい」という看板は返上することになりそうだが、ますます元気な道の駅になることは間違いないだろう。

特産品のさるなしを販売

本駅は物産館、農作物直売所、軽食堂が中心となる施設構成。 H29年4月に別棟にアイシングクッキーの店が新たに加わった。 物産館では村の特産品のさるなし関連の商品を多数販売している。 中でも目に付く商品は「完熟さるなし」。 完熟したさるなしの実をシンプルに頂く商品で、ビタミンC、ビタミンB1が豊富に含まれた健康食品である。 但し、酸味が強すぎるため、一度に食べるのは5個までという制限がされている。 「さるなしカレー」も人気の商品。 さるなしの酸味とカレーの辛味が混ざった不思議な食感が魅力の商品である。 その他、「さるなしドリンク」「さるなしワイン」「さるなしソフトクリーム」「さるなしドレッシング」等が販売されている。 葉物野菜の空芯菜も玉川村の特産品。 旬の7月~9月の時期には農作物直売所で販売されている。 空芯菜の加工品は年を通して販売されており、「空芯菜煎餅」「空芯菜なすび蒟蒻」等が販売されている。 その他「トマトジュース」「玉川麺」「里娘そば」等が玉川村の特産品として販売されている。

軽食堂では「じゅんさい蕎麦」が人気

本駅の軽食堂「こぶしの里そばや」では玉川産そば粉を用いた蕎麦を味わうことが出来る。 中でも人気になっているのは、じゅんさい、とろろを使った「じゅんさい蕎麦(900円)」。 じゅんさいの芽の部分のサクサク感と芽を覆う周りのヌルヌル感、とろろのネバネバ感を同時に味わうことが出来る。 玉川村の季節の野菜の天ぷらと共に味わう「天ぷらかき揚げそば(750円)」も人気のメニュー。 シンプルに蕎麦を味わう「ざるそば(650円)」もある。 その他に単品料理で「かき揚げ(100円)」「天ぷら(300円)」「ミニ天丼(350円)」「揚げそば饅頭(200円)」も味わうことが出来る。

人気沸騰のアイシングクッキー

新たに駅施設に加わったアイシングクッキーの店はSNS映えがする可愛い図柄をコーティングしたクッキーを販売。 若い女性に特に人気で、現在全国から多数の注文が入る人気の商品になっている。 但し、あまりに注文が多すぎるため、現在は営業時間を短縮中。 アイシングクッキー目当てならば、平日は午後3時まで、土日祝は午後5時までに本駅に訪れたい。 価格は図柄によって300円~600円程度。食べてしまうだけではもったいないので、 写真に撮ってSNSに投稿してから食べるのは如何だろうか。 なお、2週間前までに注文すれば図柄を客の思いに合わせたものにすることが可能。 メッセージ性のある絵柄と共に、大事な人へのプレゼントにするのは如何だろうか。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。物産館、農作物直売所、軽食堂が入る。

完熟さるなし

特産品の完熟さるなし。一度に食べるのは5つまで。

さるなしカレー

こちらも特産品の「さるなしカレー」。さるなしの実の酸味とカレーの辛味が混ざった不思議な味。

軽食堂

玉川産のそば粉を用いた蕎麦か人気の軽食堂

アイシングクッキーの店

別棟にあるアイシングクッキーの店

アイシングクッキー

可愛い図柄をコーティングしたアイシングクッキー。写真の図柄のクッキーは380円。

福島空港

駅から2キロ東にある福島空港。空港内には「空の駅たまかわ」があり、ここでも玉川村の特産品を販売している。