AROUND JAPAN

(秋田県の道の駅 no.29)

道の駅 こさか七滝

駅基本情報
駅名 こさか七滝(こさかななたき)
住所 秋田県鹿角郡小坂町上向字藤原32-3
駅名の由来 「こさか」は町名の小坂町より、「七滝」は駅横にある滝の名称。
施設 物産館、農作物直売所、パン工房、レストラン
特産品 きりたんぽ、燻し沢庵、漬物、ジュンサイ、トンビ舞茸、手作り蛇の目傘

スポンサーリンク

全国初? 滝の横にある道の駅

本駅は秋田県の北端、小坂町にある。 東北自動車道の小坂ICから通称「樹海ライン」と呼ばれる県道2号線沿いに北東に約6キロ。 まさに樹海の中にポツンと本駅はある。 本駅は全国的に珍しい滝の横にある道の駅。 私の知る限りでは、こんなに滝に近い道の駅は全国でここだけだろう。 ちなみに、「七滝」と呼ばれるこの滝は小坂町と鹿角市の境にある。 私の個人的な判断では、滝があるのは鹿角市で滝見台があるのは小坂町と思う。 道の駅の名称が「こさか七滝」になったため、七滝は小坂町のもののような印象を受けるが、これは小坂町の作戦勝ちだろうか。 まあ、そこまで深く考えていないとは思うが。

七滝は7段に渡って落ちる滝

さて、この七滝であるが、7段に渡って流れ落ちるためこのような名が付いている。 落差は7段合わせて約60メートル。「日本の滝百選」にも選ばれている。 他の名瀑、例えば那智滝、華厳の滝のような荒々しさは無いが、ゆっくりと流れ落ちるこの滝はどちらかというと女性的な雰囲気のする滝である。 見学はもちろん無料なので、ここまで足を運んだならば七滝をチェックして頂きたい。 まあ、普通の人は七滝が観光のメインで、道の駅「こさか七滝」の方が「ついで」だとは思うが。

物産館では小坂町の特産品を販売

さて、道の駅の施設の方だが、物産館、農作物直売所、パン工房、レストランから成る。 物産館では小坂町の特産品のきりたんぽ、燻し沢庵、ジュンサイ等が販売されている。 珍しい品としては手作りの蛇の目傘。おそらく小坂町の伝統工芸品なのだろう。 もう一つは「トンビ舞茸」。馴染みの薄いキノコだが、小坂町では天ぷらや混ぜご飯の具として良く食べるキノコのようで、 「トンビ舞茸入荷しました」という看板を立てて大々的に販売されていた。


道の駅看板

道の駅看板

七滝観光物産直売所

駅施設の一つの七滝観光物産直売所。この地域の特産品のきりたんぽ、燻し沢庵、ジュンサイ、蛇の目傘などが販売されている。

産直センター「ハートランドマーケット」

もう一つの駅施設の産直センター「ハートランドマーケット」。7月の訪問時はトンビ舞茸が一押し商品であった。

七滝

歩いて100m程のところにある七滝がある。日本の滝百選に選定されている。