AROUND JAPAN

(秋田県の道の駅 no.18)

道の駅 さんない

駅基本情報
駅名 さんない
住所 秋田県横手市山内土渕字小目倉沢34
駅名の由来 市町村合併前の旧村名の山内村より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン
特産品 りんごジュース、いぶりごっこ、漬物各種、山内そば、山内せんべい、山内焼(陶芸品)

スポンサーリンク

横手市の山間部にある小さな駅

本駅は秋田県南東部の旧山内村(現横手市山内)にある。 横手市の市街地から国道107号線沿いに東に約10キロ。トンネルを抜けた直後の山々に囲まれた地域に本駅はある。 本駅は山間部とは言え横手市の一部。だが、秋田県内各地で見かけた横手やきそばは、なぜか本駅では販売されていない。 私のように横手市の物産品は横手市内で買いたいと思う人は多いと思うので置けば売れそうだが。 理由は分からないし、もしかしたら今後は販売するのかも知れないが、 本駅では横手やきそばの代わりに、山内村伝統の山内そばが販売されている。

生産者の名前入りのリンゴジュースが人気

本駅の駅施設は物産館、農作物直売所、レストランから成る。 物産館では、上記の山内そば、山内せんべい、伝統の陶芸品である山内焼など、山内村の特産品が数多く販売されている。 特に面白いと感じたのは生産者の名前入りのリンゴ缶ジュース。 表側の缶のラベルは「ほのぼの山内 リンゴジュース」と書かれた統一したデザインであるが、 裏面には販売者の住所と名前がプリントされている。 もちろん、りんご生産者は幾つかあるため、表のデザインは同じでも裏面の生産者名が異なるリンゴジュースが並んでいる。 もしかしたら、生産者毎に味が微妙に異なるのかも知れない。 事実、生産者毎に売れ行きは異なっていた。 なお、レストランでは山内そば、そば定食、カレー等を味わうことが出来る。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

物産館、農作物直売所、レストランが入る駅施設

生産者名入りのリンゴジュース

生産者の名前が入ったリンゴジュース。裏面に生産者の氏名と住所が書かれている。

木製怪獣「ウックン」

林業の村、山内のシンボルの木製怪獣「ウックン」。現在は節電停止中。