AROUND JAPAN

(秋田県の道の駅 no.12)

道の駅 なかせん

駅基本情報
駅名 なかせん
住所 秋田県大仙市長野字高畑95-1
駅名の由来 市町村合併前の旧町名の中仙町より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、米資料館「こめこめプラザ」
特産品 杜仲茶、杜仲麺、あきたこまち麺、横手やきそば、秋田諸越

スポンサーリンク

ドンパン節の里

本駅は秋田県東部の旧中仙町(現大仙市)にある。 秋田自動車道の大曲ICから国道105号線沿いを北東に約20キロ。 駅は仙北平野の北西端にあり、駅から東から南の方角にかけては見渡す限りの水田、西は山林の風景になっている。 中仙町は誰もが一度は聞いたことはあるドンパン節の発祥の地であり、駅の愛称も「ドンパン節の里」になっている。 駅にはドンパン節を踊る人を描いたモニュメントがあるが、ドンパン節の里らしい施設はこれだけ。 個人の意見としてはもう少しドンパン節に関する展示施設があれば面白いのにと感じた。

特産品の杜仲茶を販売

駅施設は物産館、農作物直売所、レストランが中心となっている。 本駅で一番目立つのは杜仲茶関連の商品。 物産館では杜仲茶、杜仲麺が物産館の売り場スペースの多くを占めている。 杜仲茶をエサに与えて飼育した杜仲豚も中仙町の特産品。肉質が柔らかく、アミノ酸成分が普通の豚肉の1.3倍もあるらしい。 この杜仲豚は本駅のレストランで味わうことが出来る。 またレストランでは杜仲豚だけでなく杜仲麺うどん、あきたこまちうどん等、名前を聞いただけでよだれが出そうなメニューが数多く用意されている。 物産館には杜仲茶関連以外にもあきたこまち麺、横手焼きそば、秋田諸越、よもぎ等の特産品が数多く揃っている。

こめこめプラザでは稲作の歴史を展示

物産館の横には「こめこめプラザ」があり、 ここでは秋田県の稲作の歴史や世界各国の稲作に関する紹介が行われている。 特に世界各地の稲の展示は面白い。 インド、中国、韓国、フランス、アメリカ等の本物の稲が展示されていて大きさを比較できるようになって興味深い。 入場無料なので、本駅を訪れる場合は米米プラザにも立ち寄って見るのは如何だろうか。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。手前は米資料館。奥に物産館とレストランがある。

こめこめプラザ

米資料館「こめこめプラザ」では米作についての展示がされている