AROUND JAPAN

(秋田県の道の駅 no.09)

道の駅 東由利

駅基本情報
駅名 東由利(ひがしゆり)
住所 秋田県由利本荘市東由利老方字畑田28
駅名の由来 市町村合併前の旧町名の東由利町より
施設 ショッピングセンター(ショッピングセンター内にレストラン有)、温泉施設
特産品 由利牛、フランス鴨バーガー

スポンサーリンク

愛称は「黄桜の里」

本駅は秋田県南部の旧東由利町(現由利本荘市東由利)にある。 秋田自動車道の横手ICと日本海と日本海東北自動車道の本荘ICの中間に位置しており、どちらのICからでも30キロ程度の距離がある。 私は本荘ICから駅に向かったが、途中からトンネルが続く山間部に入り、この先に道の駅があるのか不安にさせられたが、 やがて田んぼと集落が徐々に現れ、やがて道の駅が見えてきた。 本駅の愛称は「黄桜の里」という。これは河童の宣伝で有名な酒の名前ではない。 東由利町には全国的に珍しい黄色い花が咲く桜のスポットがあり、観光名所になっている。

スーパーと温泉がある道の駅

駅施設はJAが経営するスーパーマーケット(Aコープ)と温泉施設かある。 Aコープは一般的な食料品、日用品販売が中心であるが、この地方の特産品の由利牛ステーキ、フランス鴨バーガーが販売されている。 私が訪れた日は温泉施設は定休日であったため詳細は不明だが、 弱アルカリ性の美肌温泉で、大浴場とサウナがあるらしい。 温泉施設内にはレストランがあり地元のそば「八塩そば」や地元食材を使った「秋田まるごとプレート(20食限定)」を味わうことが出来る。


道の駅看板

道の駅看板

ショッピングセンター「ぷれっそ」

駅の中心施設となるショッピングモール「ぷれっそ」

温泉施設

温泉施設「黄桜温泉・湯楽里」。建物内にはレストランもある。