AROUND JAPAN

(秋田県の道の駅 no.05)

道の駅 はちもり

駅基本情報
駅名 はちもり
住所 秋田県八峰町八森乙の水72-4
駅名の由来 市町村合併前の旧町名の八森町より
施設 物産館、レストラン
特産品 干物、秋田杉の工芸品、お殿水ラーメン

スポンサーリンク

白神山地の入り口にある道の駅

本駅は秋田県の北西部で日本海沿いの旧八森町(現八峰町八森)にある。 青森県との県境まで約1キロ。東は山、西は海で自然が豊か過ぎる場所に駅は位置している。 さて、秋田県北西部といえば世界遺産の白神山地を思い起こすだろう。 本駅を含め「白神山地の玄関口」と謳う道の駅は幾つか存在するが、位置的に最も玄関口にふさわしいと思われるのが本駅。 白神山地トレッキングで最も人気が高い二ツ森登山道も本駅の近くにある。

名水「お殿水」の汲み場がある

世界遺産の玄関口として機能する本駅だが、駅施設はかなり小さく、 小さな建物の中に小さな物産館と小さなレストランがある。 どちらかと言えば隣にあるトイレの方が目立つくらいである。 物産館では魚の干物や秋田杉を使った工芸品が販売されている。 ところで、本駅には白神山地の美味しい湧き水「お殿水」の水汲み場がある。 白神登山を行う人はここでお殿水を汲んでから山に向かう人も多いらしい。 本駅のレストランではこのお殿水を使ったラーメン「お殿水ラーメン」が人気になっている。 私も実際に食べてみたが、さすがにラーメンになるとお殿水の味を実感するためには研ぎ澄まされた舌の感覚が必要である。 ただ、お殿水を実感できなくても美味しいことには変わりないので、その点は安心である。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。左奥の建物に物産館とレストランが入っている。右側はトイレ。

お殿水ラーメン

レストランの名物「お殿水ラーメン」