AROUND JAPAN

(秋田県の道の駅 no.02)

道の駅 ふたつい

駅基本情報
駅名 ふたつい
住所 秋田県能代市二ツ井町小繋字中島110-5
駅名の由来 市町村合併前の旧町名の二ツ井町より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、二ツ井町歴史資料館
特産品 きみまち鍋、きりたんぽ、稲庭うどん、比内地鶏ラーメン、比内地鶏カレー

スポンサーリンク

デートスポット「きみまち阪」にある道の駅

秋田自動車道の二ツ井白神ICから国道7号線沿いに東に3キロ。 秋田県北部の旧二ツ井町(現能代市二ツ井町)に本駅はある。 本駅の横にあるのは古くは交通の難所として知られた「きみまち阪」。 米代川の水面ぎりぎりまで絶壁が迫る場所で、昔の人は川を渡るか、絶壁を登るか究極の選択を迫られたそうである。 現在はきみまち阪の下にトンネルが通り、きみまち阪自体も整備されて遊歩道が出来て、満開の桜や紅葉を楽しめるデートスポットになっている。 本駅「ふたつい」は道の駅の機能を果たすとともに、きみまち阪公園の駐車場の役割も果たしている。

物産館では秋田県の特産品を販売

駅施設は物産館、農作物直売所、レストランが中心で駅横に二ツ井町歴史資料館を併設している。 物産館では秋田県の特産品のきりたんぽ、稲庭うどん、比内地鶏ラーメン、比内地鶏カレー等が販売されている。 二ツ井町限定の特産品はあまり多くはないが、「きみまち漬け」という山菜の漬物が販売されている。 レストランでは二ツ井町の食材が沢山入った「きみまち鍋」が人気である。 二ツ井町歴史資料館は訪れた日がたまたま休館日で入ることが出来なかったが、 きみまち阪の恋文コンテストの紹介、麻生遺跡出土品、二千年前の埋もれ木等が展示されているらしい。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

物産館とレストランが入る駅施設

農作物直売所

農作物直売所では地産の新鮮野菜が販売されている

二ツ井町歴史資料館

二ツ井町歴史資料館。国指定重要文化財の土面などが展示されている。