AROUND JAPAN

(青森県の道の駅 no.16)

道の駅 いかりがせき

駅基本情報
駅名 いかりがせき
住所 青森県平川市碇ヶ関碇石13-1
駅名の由来 市町村合併前の旧村名の碇ヶ関村より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、関所資料館、温泉施設
特産品 碇ヶ関ようかん、碇ヶ関温泉の卵(カスタードカステラ)、自然薯関所うどん、津軽自然薯そば、 マルメロ鶏カレー、マルメロパイ「マルメロ姫の甘酸っぱい恋」、碇のうまかっぺえジュース(りんごジュース)、 しそジュース「しその恵み」、津軽塗りの汁椀、りんご酢純米酒「りんごに恋したお酒」

江戸時代の関所を再現した道の駅

東北自動車道の碇ヶ関ICから国道7号線を北に2km、青森県南端の旧碇ヶ関村(現平川市碇ヶ関)に本駅「いかりがせき」はある。 碇ヶ関村は人口3千人程度の小さな村。 但し、人口の殆どは国道7号線の沿道に集中しており、道中は民家や商店が立ち並んでいる。 東京で例えるなら多摩西部、大阪で例えるなら南河内と似たような感じで、自然と上手に調和した街という感じがする。 さて、本駅は江戸時代に津軽藩が設けた碇ヶ関の関所(御関所)を再現した道の駅。 「江戸時代にタイムトラベル」をコンセプトにした道の駅で、随所に歴史を感じることが出来る。 駅施設は白塗りの壁が特徴的な江戸の屋敷を意識したデザイン。 後述の温泉施設はわざと古木を使い、年季を感じさせる造りになっている。 併設の関所資料館ではかつての関所を再現。 津軽藩の武具や古文書の展示や、人形を使った当時の取り調べの様子などが見学することが出来る。

自然薯とマルメロが特産品

本駅は特産品と農作物を販売する「特産品販売所」、特産品販売コーナーとレストランが入る「文化観光館」、 その他に「関所資料館」と「温泉施設」から成る施設構成。 碇ヶ関の特産品は「特産品販売所」と「文化観光館」のどちらでも販売しているが、「文化観光館」の方が品揃えは豊富。 但し、商品によってはどちらでも販売されているもの、片方にしか販売されていないものがあり、 お土産選びの際は、可能であれば両方の店に入って商品を確認したい。 特産品で目に付くのは碇ヶ関の特産品である自然薯を使った商品。 自然薯を麺にたっぷり擦り込んだ「自然薯関所うどん」「津軽自然薯そば」が販売されている。 「西洋かりん」とも呼ばれる「マルメロ」も碇ヶ関の特産品。 店内にはマルメロコーナーが設けられており、 マルメロを使ったパイ菓子「マルメロ姫の甘酸っぱい恋」や「マルメロ鶏カレー」が販売されている。 地域限定商品の「碇ヶ関温泉の卵(卵型のカスタードカステラ)」や「碇ヶ関ようかん」も人気商品。 商品名が面白い「碇のうまかっぺえジュース(りんごジュース)」も販売されている。 レストラン「彩里」でも碇ヶ関ならではの料理を提供。 「自然薯ざるそば(750円)」「自然薯ラーメンの担々麺(900円)」や「マルメロ野菜カレー(900円)」を味わうことが出来る。 その他にも天ぷら、刺身、そばを一度に味わう「彩り御膳(1300円)」、 青森県産の豚肉を使った「かつ定食(1000円)」、 地産の高級たまご(トキワ卵)を使った「オムライス(750円)」等の料理を味わうことが出来る。

青森ヒバを使ったかけ流し温泉

本駅の人気施設は源泉かけ流し温泉の「関の庄温泉」。 道の駅正面からはどこにあるのか分かりづらいが、 物産館(文化観光館)の左側を抜けて300m位歩くと到着する。 泉質は名湯に多いと言われる単純アルカリ温泉。 浴槽には青森ヒバの古木を使い、歴史を感じさせる造りになっている。 ちなみに青森ヒバは水に浸かっても腐らないという不思議な特製を持っており、 古木を使っていても清潔感は十分に保てているので安心である。 湯の種類は内湯とサウナのみだが、浴槽は大きなガラス窓で仕切られており、露天風呂のような感覚を味わうことが出来る。 利用料金は超格安の350円。石鹸とシャンプーは備え付けられていないが、 受付で安価で(確か50円くらいだったような)で購入することが出来る。 一つだけ問題点を挙げるとすれば、混雑する点だろうか。 それ程大きな温泉では無いにもかかわらず、多くの客が押し寄せるため、湯に浸かっていてもかなり窮屈。 また、常連と思われる客が洗い場に私物を置いてキープしているため、 なかなかよそ者は体を洗うことが出来ない。 なるべく夕刻の混雑する時間帯を避けて利用する方が良いだろう。


道の駅看板

道の駅看板

文化観光館

左側にある文化観光館。物産館とレストランが入る。

特産品販売所

右側にある特産品販売所。農作物直売所と物産館が入る。

津軽関の庄モニュメント

津軽関の庄モニュメント。夜間(日没から夜10時まで)はライトアップされる。

温泉施設

少し歩いたところにある温泉施設

御関所資料館

温泉施設の横にある御関所資料館。入館料無料。