AROUND JAPAN

(宮崎県の道の駅 no.14)

道の駅 フェニックス

駅基本情報
駅名 フェニックス
住所 宮崎県宮崎市大字内海字三池381-1
駅名の由来 沿道の通称「日南フェニックスロード」より。本駅沿道の国道220号線は街路樹がフェニックスの木になっており、 このような名前で呼ばれている。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン
特産品 日向夏、マンゴー、晩白柚、むかでのり、ジャコ丼

スポンサーリンク

鬼の洗濯岩が見える絶景ポイント

宮崎自動車道の宮崎ICから国道220号線沿いに南に約20キロ、 「鬼の洗濯岩」と呼ばれる日向灘独特の海岸線を見ることが出来る堀切峠の近くに本駅はある。 最近、国道220号線バイパスが完成したため、本駅に向かうためには国道220号線の旧道方面に向かう必要がある。 本駅前の交通量は少なくなったが、それでも美しい海岸を見るために、そして本駅を訪れるために、 敢えて旧道を使うドライバーが多数おり、本駅はバイパス完成前と同様に多くの客を集める人気駅になっている。 本駅に到着してまず見て頂きたいのは駅から見る海岸の風景。 鬼の洗濯岩と呼ばれる独特の海岸で、硬い海岸の岩肌を波が長年に亘って浸食し、 岩がまるで洗濯岩のようなギザギザな波形状になっている。 これは日本では日南海岸でのみ見ることが出来るもので、本駅からその景色を見ることが出来る。

宮崎独特の土産品が多数

駅施設は物産館と農作物直売所とレストランがある。 それぞれの施設で宮崎県ならではの特産品を販売している。 物産館で目についたものは「むかでのり」。 名前だけ聞くととても食べる気が失せてしまう商品名だが、海藻を味噌で味付けした宮崎独自の食品である。 実際に食べてみるとプリプリとした歯触りが良くて、一度食べ始めると止まらなくなってしまう。 農作物直売所では柑橘系果物の日向夏が目につく。マンゴー、晩白柚(ばんぺいゆ)も特産品として販売されている。 レストランでは「ジャコ丼」が推しメニューらしい。 ジャコをふんだんに使ったこのメニューは宮崎県の名物メニューである。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。1階に物産館、2階にレストランがある。

ジャコ丼

レストランの人気メニュー「ジャコ丼」。宮崎の名物料理である。

フェニックスの木

駅周辺の道はフェニックスの木が並んでいる

鬼の洗濯岩

海岸はこの地方独特の「鬼の洗濯岩」と呼ばれる地形

日南海岸の風景

駅施設と日南海岸の風景