AROUND JAPAN

(宮崎県の道の駅 no.12)

道の駅 日向

駅基本情報
駅名 日向(ひゅうが)
住所 宮崎県日向市大字幸脇241-7
駅名の由来 市名より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、温泉施設、軽食コーナー
特産品 日向夏、日向夏ぽん酢、日向夏ゼリー、平兵衛酢(へべす)果汁、平兵衛酢ぽん酢、平兵衛酢パイ、ヘベレーヌ、 きんかんたまたまジュレ、日向地鶏、鮎の甘露煮、宮崎チキン南蛮、釜揚げしらす、岩牡蠣、柚子こしょう、 めちゃうまフルーツトマト

スポンサーリンク

日向灘沿いの絶景の駅

東九州自動車道の日向ICから国道10号線を南に8km、宮崎県東部の日向市に本駅「日向」はある。 本駅は日向灘に面したリアス式海岸の海岸線沿いにある道の駅。 宮崎県内には美しい海岸を望む絶景の道の駅がいくつかあるが、本駅もその一つ。 駐車場から、また温泉から複雑に入り組んだ海岸線の景色を堪能することが出来るだろう。 本駅は物産館、農作物直売所、軽食堂、温泉、レストランがある施設構成。 前者3つは国道沿いにあり、温泉とレストランは国道沿いの施設から500m離れた海岸沿いの日向サンパーク温泉の中にある。 どちらにも無料の駐車場が用意されているので、施設内の移動は車を利用する方が便利だろう。 さて、温暖な気候の日向市は柑橘系の果物が特産品。 特に日向夏と平兵衛酢(へべす)は日向市を代表する果物であり、物産館ではこれらを使った商品が多数販売されている。

日向夏と平兵衛酢を用いた特産品

それでは物産館で販売されている商品を紹介したい。 まずは日向夏を用いた商品では「日向夏ぽん酢」「日向夏ごまドレッシング」「日向夏ゼリー」等。 日向夏の旬は3~5月で、私が訪れた4月には店頭に多くの日向夏が販売されていた。 一方、平兵衛酢(へべす)を用いた商品は「平兵衛酢ぽん酢」「へべす果汁(ジュース)」 「へべすパイ」や平兵衛酢を用いたマドレーヌ風菓子の「ヘベレーヌ」が販売されている。 ちなみに平兵衛酢とは「日向ライム」とも呼ばれる酢みかん。 「すだち」より大きく、「カボス」より香りが優しいビタミンCを多く含む健康食品である。 旬は6~8月で私が訪れた時には平兵衛酢そのものは販売されていなかったが、旬の季節には本駅の店頭にも並ぶそうだ。 野菜類で目立つのは日向ブランドトマトの「めちゃうまトマト」。 ちょっと名前が安易な気がするが、名前に負けないほど甘くて美味しいトマトである。 その他にも日向地鶏を使った「鶏の炭火焼き」、日向灘細島港で水揚げされた「岩牡蠣」、 完熟きんかんを用いた焼き菓子の「きんかんたまたま」、日向市産鮎を用いた「鮎の甘露煮」等が特産品として販売されている。

チキン南蛮と洞窟風呂

続いて海岸沿いに建つ日向サンパーク温泉内の施設の紹介を。 まずは温泉内にあるレストランだが、定食類、丼物、麺類、海鮮類など多彩なメニューが揃っている。 人気No.1メニューは宮崎のご当地料理とも言える「チキン南蛮定食(800円)」。 大きな鶏唐揚げが5つも付いた、値段の割にはボリューム満点のメニューである。 私も注文して食べてみたが、とにかく鶏がジューシー。 一口食べるごとに肉汁(っていうのかな?)が溢れてくる。 添えられた甘酢マヨネーズもとても美味しい。 鶏唐揚げの脂身を甘酢マヨネーズの酸味が中和し、程よい食感になっている。 チキン南蛮と魚の刺身がセットになった「さしみ定食(1260円)」が人気No.2のメニュー。 以下、デザート付きで女性に人気の「レディース膳(970円)」、 日向灘の海の幸を使った「海鮮ちらし(1030円)」、 皿からはみ出す大エビ天ぷらが魅力の「大海老天ぷら定食(1000円)」が人気のメニューになっている。 麺類ではエビ、イカ等の海鮮素材が入った「お舟出ちゃんぽん(680円)」が人気になっている。 海岸線ギリギリに建つ温泉はリアス式海岸を間近に見る絶景の温泉。 湯の種類も内湯、露天風呂、洞窟風呂、電気風呂、マッサージ風呂、サウナと揃っている。 注目したいのは東向きの狭い入り口が特徴の洞窟風呂。 おそらく日向岬の絶景ポイント「馬ヶ背」を模った風呂と思われる。 早朝の日の出の時間帯には細い入り口から浴槽の奥まで太陽の光が差し込む… 残念ながら早朝の営業は行われていないのだが、それでも湯に浸かって洞窟探検の気分を味わうことが出来る。

絶景の観光名所も

前述の通り、本駅からは日向灘の美しい風景を見ることが可能だが、 更なる絶景を見学したいならば本駅より北に13kmの「クルスの海」と「馬ヶ背」を訪れたい。 まずは「クルスの海」。岩礁を綺麗に十字に切り取った海岸線の形状が特徴で、左側の四角の海岸と合わせると漢字の「叶」という字に読める。 このことから昔から訪れると願いが叶うという言い伝えがある。 設置されているクルスの鐘を鳴らして、海を見ながら願いを込めると、きっとその願いは叶うだろう。 クルスの海から更に奥に向かうと切り立った絶壁が印象的な「馬ヶ背」が現れる。 絶壁の高さは日本一と言われており高さは70m。 見ているだけで足が震えてくるほどの景色である。 「恋する灯台」と呼ばれる可愛いデザインの細島灯台も見所。 デートコースに最適ではないだろうか。


道の駅看板

道の駅看板

物産館と農作物直売所

国道からの入り口付近にある物産館と農作物直売所

日向サンパーク温泉

海岸沿いにある日向サンパーク温泉。この建物の中に温泉とレストランがある。

温泉から見る日向灘

露天温泉から見る日向灘の景色はおおよそこんな感じ(温泉施設横の駐車場から撮影)

チキン南蛮定食

レストランの人気No.1メニューの「チキン南蛮定食(800円)」。値段の割には食べごたえ十分。味も中々。

クルスの海

道の駅から北に13kmの所にある「クルスの海」。左側の岩場を「口」の字に見立てて「叶」という字に見える。

クルスの鐘

クルスの海を見るようにクルスの鐘が設置されている。恋人同士が見つめ合っているようにも見える。

馬ヶ背

目がくらみそうな絶壁の「馬ヶ背」。絶壁の高さとしては日本一の高さ70m。