AROUND JAPAN

(宮崎県の道の駅 no.01)

道の駅 高岡

駅基本情報
駅名 高岡(たかおか)
住所 宮崎県宮崎市高岡町花見304-5
駅名の由来 市町村合併前の旧町名の高岡町より
施設 物産館、農作物直売所
特産品 マンゴー、日向夏、文旦、鯨の最中、ビタミンソフトクリーム

スポンサーリンク

施設の愛称は「ビタミン館」

本駅「高岡」は宮崎県の県庁所在地の宮崎市にある。宮崎市は宮崎県最大の都市であるが、 旧高岡町のエリアにある本駅周辺は都会の喧騒から離れた長閑な雰囲気がする場所。 市の中心から僅か10キロしか離れていないが、こんな都市近郊でも緑を十分に感じることが出来るのは地方都市の素晴らしい所だろう。 かつては高速道路の整備遅れが目立った宮崎県だが、現在は整備も進み本駅へのアクセスも便利になった。 私が本駅を訪れた2010年の頃は東九州自動車道は西都ICまでしか繋がっていなかったため必然的に下道を使ってアクセスする場合が多かったが、 現在は一部区間を除いてほぼ完成しているため高速道路を利用しやすくなった。 ちなみに高速道路を使えば東九州自動車道の宮崎西ICから約1キロで本駅に到着する。 本駅の愛称は「ビタミン館」。ビタミンの研究に生涯を尽くし、「ビタミンの父」と呼ばれる高木兼寛氏が高岡町の出身で、 氏の功績を称えこの愛称が付けられている。

マンゴー、日向夏など宮崎県らしい特産品

駅施設は物産館と農作物直売所がある。 本駅の目玉は「醍醐ビタミンソフトクリーム」。牛乳からビタミンを抽出して作る本駅オリジナルのソフトクリームである。 私の訪れた時期は寒い時期でこのソフトクリームを実際に味わうことが出来なかったが、 あっさりと、しかも濃厚なボリューム満点のソフトクリームのようだ。 このビタミンソフトクリームはソフトクリームの売店で販売されている。 物産館には、いかにも宮崎県らしい特産品が目につく。 宮崎県の代表的な特産品のマンゴーは本駅でも中心的な存在で、マンゴーそのものもあり、 マンゴーの加工品(生キャラメル、グミ)も販売されている。 日向夏、文旦等の柑橘系の果物、銘菓「鯨の最中」も高岡町の特産品として販売されている。 物産館の客の入りはそれ程でもなかったのだが、農作物直売所は地元の買い物客で大盛況。 特段珍しい商品は無かったが、地産の新鮮野菜が販売されていた。本駅は地元客に愛された駅だということを実感した。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

愛称「ビタミン館」と呼ばれる駅施設。物産館と農作物直売所がある。

ビタミンソフトクリーム売店

駅正面に醍醐ビタミンソフトクリームの売店がある

近隣のお勧め宿泊施設

■ゲストハウス 平和
 (口コミ平均4.0点/5点満点、お勧め度★☆☆)

 - 道の駅から東に8km
 - 料金(朝食付き1人3,637円、2人計6,364円~)
 - 更に格安な相部屋プランもあり[2,073円/人~]

 

■宮崎グリーンホテル
 (口コミ平均4.3点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南東に8km
 - 料金(1人2,636円、2人計4,454円+P料金[500円]~)
 - 朝食付きプランもあり[+454円/人]
 - 金・土・日曜日割引あり
 - じゃらん、楽天の両サイトでアワード受賞の宿

   

■天然温泉 日向の湯 ドーミーイン宮崎
 (口コミ平均4.6点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南東に10km
 - 料金(1人5,000円、2人計7,272円+P料金[950円]~)
 - 温泉あり/朝食付きプランもあり[+1,363円/人]
 - 口コミは4.5点の高評価(5点満点)

   

■ニューウェルシティ宮崎
 (口コミ平均4.3点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南東に10km
 - 料金(1人5,200円、2人計8,600円~)
 - 食事付きプランもあり
 - 緑豊かな宮崎中央公園の横に立地
 - 宮崎駅周辺では数少ない駐車場無料の宿

   

🐶ペット旅

■ラグゼ一ツ葉/コテージ・ヒムカ
 (口コミ平均4.1点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から東に15km
 - 料金(2人計9,638円~)
 - 食事付きプランもあり
 - ペット可のプランあり[2人計10,728円~、追加料金+2,200~3,300円]

   

近隣の宿をじゃらんnetでもっと調べる
近隣の宿を楽天トラベルでもっと調べる

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件、及び宿までの地図はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)