AROUND JAPAN

(佐賀県の道の駅 no.07)

道の駅 吉野ヶ里

駅基本情報
駅名 吉野ヶ里(よしのがり)
住所 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町松隈1710-11
駅名の由来 町名より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、パン工房
特産品 佐賀みかん、さがほのか(苺)、干し柿、神埼黒胡麻うどん、佐賀牛コロッケ、山女の塩焼き

スポンサーリンク

有料道路沿いにある道の駅だが…

長崎自動車道の東脊振ICから国道385号線沿いに北に約5キロ、通称「さざんかロード」沿いに本駅「吉野ヶ里」がある。 さざんかロードは通行料金310円(普通車)の有料道路であるが、料金所は本駅よりも北にあるため、南側から本駅に向かい、 南に帰る分には通行料金は必要ない。特にUターン禁止の標識もないので、このような方法で通行料金の支払いを回避しても違法ではないはずである。 ところで吉野ヶ里と言えば「吉野ヶ里遺跡」を思い出す。吉野ヶ里町は南北に細長い形状の町で、 町の北部にある本駅と町の南部にある吉野ヶ里遺跡では20キロ程の距離があるが本駅で観光情報を得ることも可能である。

高台から見る景色が素晴らしい

駅施設は物産館、農作物直売所、レストラン、パン工房がある。農作物直売所を兼ねた物産館では佐賀みかん、 苺の「さがほのか」、寒暖の差が激しい気候を生かした特産品の干し柿が特産品として販売されている。 老舗の味「黒崎胡麻うどん」も人気商品。惣菜コーナーではいつでも暖かい状態で食べることが出来る佐賀コロッケの売店がある。 施設入り口で販売されている山女の塩焼きも思わず匂いに釣られてしまいそうだ。 これらの商業施設以外にも本駅は楽しみがたくさんある。美味しい湧き水を無料で組むことが出来る「背振山の湧き水給水所」、 さざんかが咲く「さざんか遊歩道」、そして最も強調したいのが駅から見る景色。 高台にある本駅から見るパノラマは絶景で、遠くには有明海まで見渡すことができる。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

物産館、レストラン、パン工房が入る駅施設

駅から見える風景

駅から見える風景。遠くに有明海が見える。

佐賀牛コロッケ

物産館内の出店で販売されている佐賀牛コロッケ

背振山の湧き水給水所

背振山の湧き水給水所。無料で湧き水を汲むことが出来る。

近隣の宿泊施設

- 道の駅から南に11km(朝食付き1人4,800円、2人計7,000円~/2食付きプランもあり[+872円/人~])
HOTEL AZ 佐賀吉野ヶ里店

- 道の駅から東に24km(1人4,454円、2人計8,636円~/朝食付きプランもあり[+818円/人~])
グリーンリッチホテル鳥栖駅前

- 道の駅から南西に25km(朝食付き1人4,636円、2人計6,090円~)
コンフォートホテル佐賀


近隣の宿をじゃらんnetでもっと調べる
近隣の宿を楽天トラベルでもっと調べる

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件、及び宿までの地図はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)