AROUND JAPAN

(佐賀県の道の駅 no.06)

道の駅 大和

駅基本情報
駅名 大和(やまと)
住所 佐賀県佐賀市大和町大字梅野805
駅名の由来 市町村合併前の旧村名の大和町より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン
特産品 小城羊羹、干し柿羊羹、きんつば、佐賀牛カレー、備前名尾和紙

スポンサーリンク

桜並木と鯉のぼりの嘉瀬川沿いにある道の駅

長崎自動車道の佐賀大和ICから国道263号線沿いに北に約2キロ本駅「大和」がある。駅横は嘉瀬川が流れ、 嘉瀬川を横切るように300匹の鯉のぼりが泳ぐ姿を見ることが出来る。駅横は桜並木があり、桜が咲くころの景色は壮観である。 桜は訪問時期を合わせれば本駅からその姿を堪能できるが、鯉のぼりの方は駐停車が困難な国道沿いにあるため、 写真に収めることが出来なかったのが心残り。もしかしたら有料の駐車場はあったかも知れないので次回訪れる時に確かめてみたい。

干し柿、肥前名尾和紙など特産品が多数

駅施設は物産館、農作物直売所、レストランがある。旧大和町(現佐賀市大和町)は佐賀県内では寒暖の差が激しい地域。 この気候を生かして干し柿の生産が盛んらしい。物産館では干し柿、干し柿羊羹が人気商品。 レストランでは干し柿ソフトが販売されている。その他、物産館では小城羊羹と呼ばれる小倉羊羹、「きんつば」も特産品として販売。 干し柿を含めて甘い菓子が多い。甘党が多いのだろうか。辛党の方のため(?)に佐賀牛カレーも特産品として販売されている。 伝統工芸の「備前名尾和紙」も販売。世界無形文化遺産で和紙ブームが起きている最中、 この和紙も人気上昇は間違いないところだろう(なお、備前名尾和紙は世界無形文化遺産の対象ではない)。


道の駅看板

道の駅看板

物産館と農作物直売所

物産館と農作物直売所が入る建物

満開の桜

駅周辺の国道は満開の桜

駅横を流れる嘉瀬川

駅横を流れる嘉瀬川。嘉瀬川を泳ぐ鯉のぼりはここから数キロのところにある。

近隣の宿泊施設

- 道の駅から南東に2km(朝食付き5,000円~/温泉あり/自然に恵まれたリゾートホテル/夏は3つのプール利用可[有料]/2食付きプランもあり)
ホテル龍登園

- 道の駅から南東に3km(1人5,318円、2人計8,818円~/温泉あり/「ラムネ温泉」の異名を持つ炭酸泉/佐賀牛・透き通るイカ等の地元の旬の料理[2食付きプランは+4,454円/人~])
佐賀大和温泉 ホテルアマンディ

- 道の駅から北西に5km(朝食付き2人計18,000円~/温泉あり/お肌つるつる♪日本でも有数のラドン含有量を誇る美人の湯/名物の豆腐料理[2食付きプランは+4,000円/人~])
お宿 夢千鳥


近隣の宿をじゃらんnetでもっと調べる
近隣の宿を楽天トラベルでもっと調べる

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件、及び宿までの地図はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)