AROUND JAPAN

(福岡県の道の駅 no.08)

道の駅 うすい

駅基本情報
駅名 うすい
住所 福岡県嘉麻市上臼井328-1
駅名の由来 市町村合併前の旧町名の碓井町より
施設 物産館、農作物直売所、パン工房、菓子工房、フードコーナー
特産品 米(ひのひかり、夢つくし)、嘉麻牛、嘉麻ハム、英彦山ハム

スポンサーリンク

全町美術館構想のエントランスゾーン

福岡県の中央部の嘉麻市にある道の駅。福岡県は北部から西部にかけて九州自動車道が走り、南部に大分自動車道、 東部に東九州自動車道が走るが、本駅周辺の県の中央部には高速道路が走っていないため下道を使って向かう必要がある。 但し駅に向かう下道はかなり整備されており、高速道路が無くてもアクセスに多くの問題は無いだろう。 さて、嘉麻市は「全町美術館構想」という構想を持っている。駅施設は八角錐の建物で全町美術館構想の象徴となる建物らしい。 私は訪問当時、そのようなことは知らなかったため特にこの建物に対する印象は持たなかったし、今でも特に美術館風とは思っていないのだが、 見る人が見れば美術館的雰囲気はあるのかも知れない。

典型的な福岡県の道の駅

福岡県は何故か示し合わせたように同じような特徴を持つ道の駅が多い。「農作物直売が中心で、 その一角に少しだけ地域の特産品販売所があり、店の外にはフードコーナーがある」というのが福岡県の道の駅の特徴だが、 本駅も全くその通りの道の駅である。このため、正直に言うと印象度は低いというのが私の感想である。 その中でも嘉麻牛、嘉麻ハム、地元の米である「ひのひかり」「夢つくし」が地域の特産品として販売されている。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

美術館風の施設ということだが美術館風に見えるだろうか? 農作物直売が中心に行われている。

パン工房

パン工房。パン工房の他に菓子工房、うどんコーナーがある。