AROUND JAPAN

(高知県の道の駅 no.15)

道の駅 木の香

駅基本情報
駅名 木の香(このか)
住所 高知県吾川郡いの町桑瀬225-16
駅名の由来 「木の香」は併設の温泉付きホテルの名称。名前の由来は不明だが、文字通り木の香りがする建物である。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、温泉、宿泊施設
特産品 青さ海苔、四万十鶏カレー、四万十源流煎餅、アマゴの甘露煮

高知県北部の旧本川村(現いの町)にある道の駅。温泉付き施設「木の香温泉」を中心とした施設である。 山間部にあるため夜は街灯などの人工の光は無く、露天温泉からは満天の星空を見ることが出来る。


道の駅看板

物産館とレストランが入る建物。 物産館では青さ海苔、四万十鶏カレー、四万十源流煎餅、アマゴの甘露煮など四万十関連の商品が並んでいる。 レストランは本格的和風コース料理を楽しむことが出来る。

今回は本駅のホテルで宿泊してみた。木造で文字通り木の香りがする部屋。部屋にいながら森林浴を楽しめる感じがする。

温泉施設入り口。温泉は内湯と露天風呂がある。満天の星を楽しむための配慮か、或は単に電気代の節約のためか、 温泉内の照明は控えめ。 おかげで今まで見たことがない満天の星空を見ることが出来た。

宿から見る紅葉の風景。温泉といい紅葉といい素晴らしい宿泊だった。

近隣の宿泊施設

- 道の駅構内(5,010円~/食事付きプランもあり[朝食+1,210円~、夕食+4,300円/人~])
木の香温泉


近隣の宿をじゃらんnetでもっと調べる
近隣の宿を楽天トラベルでもっと調べる

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件、及び宿までの地図はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)