AROUND JAPAN

(高知県の道の駅 no.02)

道の駅 すくも

駅基本情報
駅名 すくも
住所 高知県宿毛市坂ノ下1023-44
駅名の由来 市名の宿毛市より
施設 観光案内所、宿毛サンゴの店、お好み焼き屋、喫茶店、古美術店
特産品 宿毛サンゴ、みかん、魚の干物

スポンサーリンク

ダルマ夕日の名所

松山自動車道の宇和島北ICから国道56号線を南に約60キロ、 その後国道321号線に入って更に南に10キロ、車窓の右側にキラキラと輝く宿毛湾が見えてくると間もなく本駅「すくも」に到着する。 本駅は日本では数少ないダルマ夕日を見ることが出来るスポット。 ダルマ夕日とは文字通り水平線に夕日がダルマのように映る現象。 冬場の大気と海水温の温度差が大きい時、海面にあがった水蒸気に太陽の光が屈折して、海面にもう一つの太陽が映し出される現象である。 冬場には本駅周辺にダルマ夕日を写真に収めようと多くの観光客が集まる。 駅には観光案内所があり、ダルマ夕日や市内の観光、宿泊場所の案内を行ってもらえる。 特に宿泊情報の提供には熱心で、案内所に入ってくるすべての客に「今日の宿泊場所は決まっていますか?」と心底心配してもらえる。

買い物は宿毛駅で!?

観光客が多く集まる本駅だが、本駅の商業施設はかなり心許ない。 本駅にあるのは宿毛サンゴの店、お好み焼き屋、喫茶店、古美術店の4つ。 宿毛サンゴは宿毛市ならではの特産品で魅力的な商品ではあるものの、商品のバラエティという点ではかなり物足りない。 観光案内所の人に「物産館はないのですか?」と聞いたら、 「ここには物産館はないので、お土産なら(鉄道の)宿毛駅前で買ってください」と言われてしまった。 個人の意見を言わせて頂くと、これだけの観光スポットに商業施設が無いのはもったいない。 色々な都合があるのだろうが、もう少し何とかならないのか思ってしまう。 なお、宿毛サンゴの店では「サンゴのネックレス」「サンゴのお守り」「サンゴのストラップ」等が販売されている。


■近隣の宿泊施設(クリックで予約サイトへ)
- 道の駅から北に2km(1人3,727円、2人計6,363円~/朝食付きプランもあり[+909円/人])
ホテルアバン宿毛

- 道の駅から北に2km(1人3,545円、2人計7,272円~/食事付きプランもあり)
ホテルあさひ

- 道の駅から北に2km(4,545円~/食事付きプランもあり)
ホテルマツヤ

- 道の駅から西に5km(朝食付き1人10,800円、2人計15,600円~/温泉あり/口コミ評価は5点満点の4.7点)
宿毛リゾート椰子の湯

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件、及び宿までの地図はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)



道の駅看板

道の駅看板

駅施設(1)

駅施設(1)。左側の建物は観光案内所。左から3つ目の建物は古美術店。

駅施設(2)

駅施設(2)。右側の建物はお好み焼き屋。その隣は宿毛サンゴの店。その隣は喫茶店。喫茶店では魚の干物、みかんも販売されている。

遍路小屋

駅構内にある遍路小屋。遍路小屋は高床式の立派な建物。

宿毛湾

駅から見る宿毛湾の風景。ダルマ夕日はここで見ることが出来る。

だるま夕日

日本の夕日百選に選定されている「宿毛のだるま夕日」。11月中旬から2月中旬まで年に10回程度見ることが出来るらしい。