AROUND JAPAN

(愛媛県の道の駅 no.16)

道の駅 小松オアシス

駅基本情報
駅名 小松オアシス(こまつオアシス)
住所 愛媛県西条市小松町新屋敷乙22-29
駅名の由来 「小松」は市町村合併前の旧町名の小松町より。本駅は松山自動車道の石鎚山SAからアクセス可能で石鎚山ハイウェイオアシスとも呼ばれている。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、温泉施設[温泉施設はH29年3月まで休業中]
特産品 愛媛みかん、鳴門金時芋、愛媛みかんジュース、いよかんジュース、四国遍路甘酒、讃岐うどん、今治タオル、トマトジャム、ブルーベリージャム、 イチゴジャム、蜂蜜、いよかんサブレ、道後温泉土産品「道後温泉湯のたまご」「道後温泉の栗タルト」、じゃこ天、お遍路バッチ

スポンサーリンク

高速道路と直結する道の駅

本駅「小松オアシス」は愛媛県のやや東部の旧小松町(現西条市小松町)にある。 本駅は別名「石鎚山ハイウェイオアシス」と呼ばれる高速道路と直結する温泉施設付きの道の駅。 松山自動車道の石鎚山SAから、そして一般道からもアクセス可能となっている。 一般的に高速道路直結の道の駅、更に温泉施設付きとなれば、多くの客が詰め掛けるのが通例だが、 本駅に関しては残念ながら不調のようで、平成26年度の統計では道の駅利用客は年間26万人、温泉施設利用客は年間9万3千人と低迷している。 特に物産館とレストランは寂しい状況で、私が訪れた日(平日の17時頃)も客は誰もいない状態であった。 市側は状況打開のためリニューアルを検討しており、数年後は違った姿を見せてくれるかも知れない。

四国4県の特産品を販売

集客的には不調の本駅だが、駅施設はかなり充実。 物産館、農作物直売所、レストラン、温泉施設、さらに温泉施設内に足湯ともう一つのレストランがある。 物産館の品揃え、レストランメニューも工夫を凝らしいており、正直言って私にはなぜ本駅に客が集まらないのか理由が分からない。 本当に不思議である。 それでは各施設の紹介を行いたい。 まず、物産館では四国4県の特産品を販売。 愛媛県の特産品としては、じゃこ天、愛媛みかんジュース、愛媛の食材を使ったトマト/ブルーベリー/いちごのジャムが販売されている。 愛媛を代表する観光地の道後温泉関連の土産品も販売。「道後温泉湯のたまご」「道後温泉の栗タルト」等がある。 高知県の「塩けんぴ」「芋けんぴ」、香川県の「讃岐うどん」、徳島県の「鳴門金時芋」、 四国4県を巡る「お遍路コーナー」もあり「お遍路バッチ」「写経用紙」も販売されている。

レストランの「ゆばまつり定食」に注目

レストランは物産館の横に一つ、温泉施設内に一つ、合計2つある。 注目のメニューは温泉施設内レストランにある「ゆばまつり定食(1000円)」。 小松町特産の湯葉を使ったメニューで、「湯葉豆腐」「湯葉入りお吸い物」「エビフライ」「鶏唐揚げ」「カニクリームコロッケ」が付いてくる。 特に面白いのはエビフライで、衣にパン粉ではなく湯葉粉を用いて、一風変わったエビフライになっている。 温泉施設内のレストランでは「ゆばまつり定食」以外に「エビフライ定食(800円)」「鶏の唐揚げ定食(700円)」 「とんかつ定食(700円)」やカレー、うどんも味わうことが出来る。 物産館横のレストランでは愛媛県産のしらすを用いた「しらす丼(700円)」が人気メニュー。 「じゃこ天うどん(450円)」「じゃこカツカレー(750円)」等の愛媛県ならではの料理も味わうことが出来る。

温泉は400円の格安料金

本駅の目玉施設はやはり温泉。特徴は400円という格安の料金設定。 但し、シャンプーと石鹸は温泉の中には置いていないため、持参するか受付で購入する必要がある。 ただ、購入したとしても50円なので格安であることには変わりないだろう。 湯の種類も内湯、露天風呂、サウナ、季節の湯(私が入浴した日は「よもぎ湯」)と多彩。 温泉は高台にあるため、露天風呂からの景色も抜群。 繰り返しになるが、なぜこんなに空いているのだろうか。 なお、温泉は施設はH28年12月からH29年3月までリニューアルのため休館中。 リニューアル後は湯の種類、料金が変更になる可能性があるようだ。


道の駅看板

一般道側にある道の駅看板

駅施設

駅施設。1階にある物産館とレストランのみ利用可能である。

農作物直売所

農作物直売所。愛媛みかん、鳴門金時芋、生椎茸が特に目に付く。一般的な野菜も販売されている。

温泉施設「椿交流館」

温泉施設「椿交流館」。この中にもレストランがある。

ゆばまつり定食

温泉施設内レストランの人気メニュー「ゆばまつり定食(1000円)」。エビフライの衣も湯葉でできている。

足湯施設

温泉施設内にある足湯施設。無料で利用できる。

駅から見える夜景

駅から見える夜景。露天風呂からもこの風景を見ることが出来る。(写真は温泉施設外から撮影)