AROUND JAPAN

(香川県の道の駅 no.07)

道の駅 空の夢もみの木パーク

駅基本情報
駅名 空の夢もみの木パーク(そらのゆめもみのきパーク)
住所 香川県仲多度郡まんのう町追上424-1
駅名の由来 「もみの木パーク」は駅の近くにある樅ノ木峠より。名の通り樅ノ木の群生が見られる。 樅ノ木峠は飛行機発明の祖である二宮忠八が世界で初めて飛行機の原理を着想した地であり、それに由来して「空の夢」と名付けられている。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、二宮忠八記念館
特産品 自然薯、黒ニンニク、米「竹取姫」、骨付き鶏カルパス、パクチー、パクチーチップス、パクチーポテトサラダ、 ひまわり油「太陽のめぐみ」、ガーリック入りオリーブオイル「ガーリック娘」、おかき、煎餅

スポンサーリンク

飛行機の祖、二宮忠八の記念館を併設

高松自動車道の善通寺ICから国道319号線(途中から国道32号線併用区間)を南に12キロ、 香川県西部のまんのう町に本駅「空の夢もみの木パーク」はある。 「空の夢」とは中々ロマンチックな駅名だが、飛行機発明の祖と呼ばれる二宮忠八氏が名称の由来。 本駅の近くにある樅ノ木峠は二宮忠八氏が世界で初めて飛行機の原理を着想した場所である。 有人飛行機の「玉虫型飛行器」の完成に向けて日夜研究をしていたが、あと一歩のところでライト兄弟に有人飛行の先を越されてしまったらしい。 本駅には二宮忠八記念館(有料施設)を併設。つくば科学万博にも出品された翼長8メートルの玉虫型飛行器など貴重な資料が展示されている。 定休日が多い(毎週水・木曜日)ので、平日に二宮忠八記念館を利用される方は注意して頂きたい。

農作物直売が中心の道の駅

駅施設は上述の二宮忠八記念館以外では物産館、農作物直売所、レストランから成る構成。 中心となるのは建物内の約8割のスペースを占める農作物直売所で、地産の農作物が並んでいる。 扱っている農作物の中で目に付くのは「自然薯」。自然薯は元々細長いものだが、本駅で販売されている自然薯は更に細長い。 おそらく1m以上の長さはあるだろう。 「黒ニンニク」もまんのう町の特産品。黒ニンニクだけを扱う「黒ニンニクコーナー」が店内に設けられている。 地産の米「竹取姫」も販売。肥料に竹パウダーを用いた体に優しい米である。

物産館では骨付き鶏カルパス等を販売

物産館で目に付く商品は近隣の丸亀市のご当地グルメである「骨付き鶏カルパス」。 地元企業の味源が開発したパクチー関連商品(パクチーミックスナッツ/パクチーチップス/パクチー柿の種/パクチーポテトサラダ)も販売されている。 その他、ひまわり油(商品名:太陽のめぐみ)、ガーリック入りオリーブオイル(商品名:ガーリック娘)も特産品として販売されている。 全般的には、おかき、煎餅など、昔風の菓子が数多く販売されている。

レストランでは麺類メニューが中心

本駅のレストランは麺類が中心。ただ、香川県はうどんというイメージが強いが、本駅ではうどんも蕎麦も公平(?)に同じ種類のメニューを扱っている。 人気のメニューは「しっぽくそば(550円)/うどん(450円)」。里芋、大根、人参、ゴボウ、マコモ、椎茸、鶏肉、油揚げが入った具沢山のメニューである。 地産の牛肉の「ひまわり牛肉」を用いた「肉そば(550円)/うどん(450円)」も当店自慢のメニュー。 「かけそば(350円)/うどん(250円)」「きつねそば(400円)/うどん(350円)」もある。 ご飯物では日替わりの「竹取弁当(700円)」。麺類メニューにおにぎり、小鉢、果物が付いた「定食セット」も提供されている。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。この建物の中に物産館、農作物直売所、レストランがある。

二宮忠八記念館

有料施設の二宮忠八記念館。入場料は一般300円、小人150円。

玉虫型飛行器のモニュメント

駅入り口には玉虫型飛行器のモニュメントがある