AROUND JAPAN

(山口県の道の駅 no.14)

道の駅 萩しーまーと

駅基本情報
駅名 萩しーまーと(はぎしーまーと)
住所 山口県萩市大字椿東字北前小畑4160-61
駅名の由来 萩市にある海鮮市場という意味より
施設 海産物直売所、海鮮レストラン、物産館
特産品 ふぐを始めとする海産物、蒲鉾、海鮮丼

スポンサーリンク

山陰を代表する人気駅、但し夕刻は…

本駅は山口県、島根県の海岸線を東西に走る国道191号線沿いにある。国道191号線は山陰自動車道が完成するまでは両県の主要道であり交通量も多く、 駅周辺も賑やかな雰囲気で本駅にも多くの客が訪れる。但し、本駅の人気は単に立地が良いだけではない。 萩漁港に直結した本駅は新鮮な魚の宝庫であり、美味しい魚を買いに、美味しい魚料理を食べに全国各地から多くの客が集まっている。 各種メディアからも絶賛されている道の駅で間違いなく楽しみの多い駅である。但し、私は過去に2度本駅を訪れているが、 訪れた時間はいずれも閉店間近の午後5時過ぎで商品の多くは売り切れていて、レストランも既に閉店していた。 本駅を満喫するためには日中の時間帯が良いだろう。ただWEB上の情報ではレストランの営業時間は午後7時までになっているので、 私の訪れた時はたまたまなのかも知れない。

もう少し営業時間が長ければ良いのだが

駅は海鮮市場になっており、例えば函館の朝市のように漁港で見る朝市会場に似ている。鮮魚販売店がいくつも並び、 その一角に海鮮食堂があるような作りになっている。ただ、朝市と明らかに違うのは営業時間帯で鮮魚販売所は朝9時30分から、 海鮮食堂は午前11時からと他の道の駅と比較しても遅い。個人的な意見を言わせてもらうと魚市場なので夕方に駅が閉まるのは仕方がないが、 朝は特に食堂はもう少し早くから営業してもらえれば良いのにと感じた。駅施設の紹介が遅れたがは鮮魚販売店が4つ、魚加工品売り場が4つ、 魚の惣菜売り場が1つ、海鮮レストランが2つ、その他、ベーカリー、精肉売り場、郷土土産品売り場、地酒販売店、農作物販売所、和洋菓子店がある。 夕刻はひっそりとしていたが、昼間の時間帯はきっと威勢の良い声が店内を響き渡るのであろう。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。多くの店舗がの建物の中にある。

海鮮市場

多くの鮮魚販売所が入る海鮮市場。夕刻だったため客はまばらだったが昼間は多くの客が訪れるらしい。

レストラン

海鮮レストランも本駅の人気である。人気メニューはやはり海鮮丼のようだ。

萩市風景

駅近隣の展望台から見た萩市街。萩は旧城下町で白いなまこ壁の建物がいくつも残されている。