AROUND JAPAN

(山口県の道の駅 no.14)

道の駅 萩しーまーと

駅基本情報
駅名 萩しーまーと(はぎしーまーと)
住所 山口県萩市大字椿東4160-61
コード 588 305 660*31
駅名の由来 萩市にある海鮮市場(Sea Market)という意味より
施設 海産物直売所(6店舗)、海鮮レストラン(3店舗)、物産館(5店舗)、精肉店(1店舗)
特産品 鮮魚各種(剣先イカ/ブリ/シイラ/金太郎/等)、蒲鉾、ふぐ一夜干し、ちりめん、海鮮丼、萩銘菓「蒸気まんじゅう」

中国地方で最も成功している道の駅

 山陰自動車道の萩ICから国道262号線/国道191号線を通って北に5km、 渋滞が激しい萩市の市街地を抜け、ほんのりと海の香りが漂い始める頃に本駅「萩しーまーと」が見えてくる。 本駅は今更、私が言うまでもなく中国地方で最も成功した道の駅。 来客者数では「たかの」「たけはら」(共に広島県)など本駅よりも数字を残している道の駅が幾つか存在するが、 売上高に関しては本駅が断トツのNo.1。 この数字は本駅が単なる「ドライバーの休憩所」ではなく、「旅の目的地」になっていることの証明だろう。 実際に、駐車場に停まっている車のナンバープレートを見ると北海道から沖縄まで。 地元客だけではなく、遠方からも多くの客を集めていることがわかる。
 駅施設も非常に充実。海産物直売所は6店舗、海鮮レストランは3店舗、 物産館(海産物加工品が中心)は5店舗、精肉店も1店舗ある。 特に人気になっているのは萩漁港直送の鮮魚を扱う海産物直売所と海鮮レストラン。 萩市の担当者によると本駅の売り場面積当たりの売上高は平均的なスーパーと比較すると約2倍。 萩市の経済にも雇用にも大きな効果を上げているようだ。 ただ、人気の道の駅に共通する問題点は「混雑する」ということ。 特に休日の昼飯時の12時~14時頃はレストランを中心に大混雑するのでその点は留意されたい。

萩の魚が100種類以上

 本駅の人気は萩漁港で水揚げされた海産物。通称「萩魚」と呼ばれる萩の魚介類は年間を通じて約250種類。 そのうち、約半数の100~150種類が本駅で販売されている。 季節ごとに見ると春は「剣先イカ」「スルメイカ」「ヤリイカ」等のイカ類が主役。 「カタクチイワシ」「マアジ」等も味わうことが出来る。 夏は「ブリ」「カマス」「マサバ」等のお馴染みの魚が主役。「穴子」や「トビウオ」も旬を迎える。 秋は大型魚が店頭に並ぶ。全長80cm級の「シイラ」、全長70cm級の「コシナガマグロ」、 全長40cm級の「サワラ」等、見ているだけでも迫力を感じる。 冬は「金太郎(ヒメジ)」「ばい貝」「メジナ」など。 特に「金太郎」は「萩の金太郎ウイーク(12月第2週)」等のイベントを開催するなど、注目度急上昇中である。
 萩の鮮魚を使ったテイクアウト用の寿司や海鮮丼が販売されているのも嬉しいところ。 遠方から訪れた方の中には「ここで鮮魚を買っても家に着くまで日持ちしないかも」と考える人も多いのではないだろうか。 そのような方には寿司や海鮮丼を購入し、夜にホテルの部屋で萩魚を味わうのは如何だろうか。 海産物の加工品も多数販売。萩名物の蒲鉾や竹輪を始め、ふぐ一夜干し、ちりめん等も販売されている。

刺身、寿司、海鮮丼を食べつくす

 本駅の食の施設は「来萩(きはぎ)」「浜料理がんがん」「維新亭」の3店舗。 もちろん、どの店も名物は萩漁港で獲れた魚介類を使った海鮮料理。 少し値が張るのが難点だが、せっかく萩まで訪れたのだから、少し贅沢して刺身、寿司、海鮮丼で萩の味を満喫したい。
 「来萩」の名物メニューはいくらとウニの豪華海鮮丼、その名も「来萩スペシャル(1500円)」。 新鮮な魚介と自家製特製タレの組み合わせが絶妙である。 ノドグロの煮つけと刺身がセットになった「来萩定食(1880円)」、 握りずし6カンと天ぷら、刺身が付いた「寿司定食(1500円)」も味わってみたいメニューである。
 「浜料理がんがん」の名物メニューは「特上海鮮丼」。 値段は時価でおおよそ3200円~3500円のようだ。萩の鮮魚を心の底から満喫したい方は如何だろうか。 「(普通の)海鮮丼(1300円)」や刺身と天ぷらがセットになった「がんがんスペシャル(1500円)」 「漁師のまかない定食(1000円)」等も味わうことが出来る。
 「維新亭」の人気メニューは萩魚の新名物として売り出し中の「金太郎」を使った料理。 「金太郎天ぷら定食(1500円)」や「金太郎天丼(1200円)」を味わうことが出来る。 その他「地魚たっぷり海鮮丼(1700円)」や「刺身定食(1500円)」等も味わうことが出来る。



道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。多くの店舗がの建物の中にある。

海鮮市場

多くの鮮魚販売所が入る海鮮市場。夕刻だったため客はまばらだったが昼間は多くの客が訪れるようだ。

生簀

海鮮市場の真ん中に生簀がある

来萩スペシャル

レストラン「来萩」の看板メニューの「来萩スペシャル」

特上海鮮丼

レストラン「浜料理がんがん」の名物メニューの「特上海鮮丼」

萩市風景

駅近隣の展望台から見た萩市街。萩は旧城下町で白いなまこ壁の建物がいくつも残されている。

近隣のお勧め宿泊施設

(宿名の前の丸数字は地図上の数字に対応したものです。 お勧め順ではありません)

■①萩ロイヤルインテリジェントホテル
 [MAPCODE] 243 889 524*41
 (口コミ平均4.0点/5点満点、お勧め度★☆☆)

 - 道の駅から南西に2km
 - 料金(朝食付き1人5,910円、2人計7,820円~)

   

■②14種類の湯めぐりの宿 萩本陣
 [MAPCODE] 243 890 407*56
 (口コミ平均4.5点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南に2km
 - 料金(朝食付き1人11,000円、2人計16,000円~)
 - (萩)温泉あり/2食付きプランもあり
 - 大浴場、露天風呂、気泡湯など、14種類の浴槽あり
 - SL型シャトルバスで行く展望足湯あり

   

■③宵待ちの宿 萩一輪
 [MAPCODE] 243 887 482*74
 (口コミ平均4.3点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南西に3km
 - 料金(1人7,000円、2人計12,000円~)
 - (萩)温泉あり/食事付きプランもあり
 - 露天風呂付きハイクラス客室あり
 - じゃらん、楽天の両サイトでアワード受賞の宿

   

■④夕景の宿 海のゆりかご 萩小町
 [MAPCODE] 588 395 004*51
 (口コミ平均4.3点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から北に3km
 - 料金(5,682円~)
 - (萩)温泉あり/食事付きプランもあり
 - 海沿いの宿、波の音が聞こえる絶景宿
 - じゃらん、楽天の両サイトでアワード受賞の宿

   

My Select

■②14種類の湯めぐりの宿 萩本陣

本宿の温泉は本当に楽しい。内湯→露天→気泡→歩行湯→座湯→光湯→石垣湯→…。 湯巡りを何周も楽しみたい。SLシャトルバスに乗って丘の上から見下ろす萩市街の景観も見事。

大きな地図で見る(パソコン閲覧時のみ有効)

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件の詳細はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)