AROUND JAPAN

(山口県の道の駅 no.11)

道の駅 おふく

駅基本情報
駅名 おふく
住所 山口県美祢市於福町上4383-1
駅名の由来 昭和初期まで存在した「於福村」より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、温泉施設
特産品 徳佐りんご、よもぎ大福、美東ごぼう、椎茸、梨

スポンサーリンク

温泉施設が人気の駅

山陽自動車道の美祢ICから国道435号線を西へ、その後国道316号線を北へ10キロほど進むと本駅に到着する。国道435号線沿いは住宅、 商店街が並んでいるが、国道316号線に入ると民家が少なくなり自然が豊かになってくる。JR美祢線の於福駅の目の前にあるため、 鉄道を利用して訪れることも可能である。本駅は全浴槽かけ流しの温泉施設が人気の駅で物産館、レストランもある。 日本屈指のカルスト台地と鍾乳洞の秋吉台、秋芳洞が近くにあり、観光の帰りにここで入浴、食事、買い物を楽しむのは如何だろうか。

物産館では地元農作物と「あん」を使った菓子が人気

まずは物産館、農作物直売所の簡単なレポートを。規模は中々のもので品揃えも豊富。 人気TOP10が店内に張り出しているのも遠方から訪れる美祢市に詳しくない者にとって助かる。 1位に輝いているのは「徳佐りんご」、6位にも「美東ごぼう」が入っており、地元の農作物が人気になっている。 和菓子、特に「あん」を使った菓子も人気上位に入っており2位に「よもぎ大福」、5位にどら焼きのような「厳渓焼」が入っている。 レストランでは「仙崎瀬つきアジ定食」「美東ごぼうコロッケ定食」等、この地域ならではの食事を楽しめる。

29日は「おふくの日」。ついでに19日も

最後にこの駅の中心施設の温泉についてだが、全浴槽で掛け流し温泉という豪華な仕様になっている。建物、浴槽は決して新しくないが、 逆に新しくない分歴史を感じさせる。泉質は無色無臭の単純泉、内湯、露天、サウナ、ジェットバス、低周波バスがある。 周りに国道と鉄道があるため露天風呂の先には高い壁があり、露天風呂から外の風景を見ることは出来ないが、 壁の内側に樹木を効果的に配置し人々の目を和ませてくれる。加温処理もなにもしていない「源泉風呂」もある。 但し源泉温度が25℃と低いため源泉風呂は水風呂である。毎月29日は語呂合わせから「おふくの日」に設定しており、 この日は入浴料が半額となる。ついでに(?)19日も半額となっている。源泉を用いた足湯施設もあり、こちらは無料で利用することが出来る。


道の駅看板

道の駅看板

物産館と農作物直売所

国道316号線沿いに横に並ぶ施設群の一番北にあるのが物産館と農作物直売所である

レストラン

施設群の真ん中にあるのがレストラン

温泉施設

全浴槽かけ流し温泉が人気の温泉施設

足湯施設

源泉を用いた足湯施設

よもぎ大福と厳渓焼

物産館で人気の「よもぎ大福」(左)と「厳渓焼」