AROUND JAPAN

(山口県の道の駅 no.01)

道の駅 阿武町

駅基本情報
駅名 阿武町(あぶちょう)
住所 山口県阿武郡阿武町大字奈古2249
駅名の由来 町名より
施設 物産館、農作物直売所、海産物直売所、レストラン、寿司カウンター、温泉、温水プール
特産品 無角和牛カレー、魚平天、燻し蒲鉾(ブラックペッパー味/チーズ味)、ちりめん佃煮、おつまみ焼きふぐ、 イカの塩辛、釜揚げしらす、吉田松陰串だんご、維新夢ロマンカステラ、山口あんころ餅、夏みかんゼリー、 キウイ、キウイジャム、夏みかんドレッシング、味付けポン酢、だいだい酢

スポンサーリンク

控えめに「道の駅発祥の地」をアピール

 東側(島根県側)からアクセスする場合は山陰自動車道の高津ICから国道191号線を南西に44km、 西側からアクセスする場合は山陰自動車道の萩ICから国道191号線を北東に16km、 山口県北東部の阿武町に本駅「阿武町」はある。 現時点では特に東側からのアクセスは不便だが、山陰自動車道は全線開通に向けて工事中。 将来的には山陰自動車道のインターに近いアクセスの便利な道の駅になる見通しである。
 さて、道の駅のコアなファンならご存じかも知れないが、本駅「阿武町」は「道の駅発祥の地」と呼ばれる道の駅。 道の駅は1993年4月の第1回登録で全国に103の道の駅が同時登録されたが、 その2年前の1991年に社会実験として本駅が先行オープンしたことが「道の駅発祥の地」と呼ばれる所以である。
 私は本駅を訪れる前の事前調査で、 2018年の阿武町の町議会議事録に「今後は道の駅発祥の地として、 関連商品を販売するなど、これまで以上に内外にアピールして集客を図る」という町側の発言を見つけた。 果たして、どんな「道の駅発祥グッズ」に出会えるかと楽しみにしていたが、残念ながらそのような商品は見当たらず。 商品開発が遅れているのか、それとも他の「発祥の地」を名乗る道の駅に反対されたのか定かではないが、 現状では時計台に「道の駅発祥の地」と書かれている程度。今のところは控えめに「道の駅発祥の地」をアピールしている。 まあ「道の駅発祥グッズ」は今後に期待したい。
 ところで創世記の道の駅は「ドライバーの休憩所」が主な役割で、 現在のような「地方創生の拠点」等のような考えは全く存在しなかった時代。 このため、登録番号の若い、特に各県の登録番号1番の道の駅は地味な道の駅が多い。 そのような中で、山口県の登録番号1番の本駅はとても多彩な施設を持った道の駅。 物産館、農作物直売所、海産物直売所、レストランといった道の駅の基本施設に加えて、 寿司カウンター、温泉、温水プールにオートキャンプ場まで備えている。 道の駅周辺も絶景スポットが多数。 本駅を訪れた際は、可能であれば時間を掛けて、十分に本駅の魅力を味わって頂きたい。

海産物、キウイフルーツに無角和牛

 本駅の物産販売施設は高い屋根に広々とした空間の中に物産館、農作物直売所、海産物直売所が同居する構造。 年間の利用客は約40万人と多いが、広々とした空間のためか、あまり混雑しているという印象は与えない。 利用客側から見るとゆったりと買い物を楽しむことが出来る。
 奈古漁港に近い本駅の最大のウリは漁港直送の新鮮な魚介類。 販売されている魚の種類は季節によって異なると思うが、私が訪れた11月には60cmのシイラ、50cmの活メジナ等、大型魚が勢揃い。 しかも60cmのシイラは1500円、50cmの活メジナは1700円等、都会のスーパーでは考えられないほど安い価格で販売されている。 また、私が訪れた時には目にすることが出来なかったが、阿武町は「幻の高級魚」と呼ばれる「キジハタ」の産地。 加熱するほど弾力と旨みが出て来るらしいので、料理の得意な方は煮つけ、鍋料理にするのは如何だろうか。
 海産物直売所の隣にあるのは農作物直売所。ここで目に付くのはこちらも阿武町名物のキウイフルーツ。 恥ずかしながら私はキウイフルーツには「普通のキウイフルーツ」と「ゴールデンキウイフルーツ」の2種類しかないと思っていたが、 ここでは「黄金甘露」「イエローキウイ」「ゴールドキウイ」「レインボーレッド」等、8種類のキウイフルーツが販売されている。 キウイフルーツが好きな方は一つずつ購入して食べ比べてみるのも面白いのではないだろうか。 その他にもホウレンソウ、玉葱、ニンジン等、約30種類の野菜・果物が販売されている。
 物産館で目に付くのは阿武町産の無角和牛を用いた商品。 特に「無角和牛カレー」は物産館の人気商品になっている。 「おつまみ焼きフグ」「魚平天」「燻し蒲鉾」等の海産物加工品も多数。 「キウイジャム」や夏みかんを使った加工品(ジュレ/ジュース/マーマレード/等)も販売されている。 多数の特産品が並ぶ中で本駅の売り上げNo.1商品は地元の偉人、吉田松陰を冠した「吉田松陰串だんご」。 こちらは山口県観光の土産品として多くの人が購入しているようだ。

「阿武前寿し」や「阿武定食」も人気

 本駅の「食」の施設は物産館内にある「阿武前寿し」と物産館の隣の建物にある「DINING CAFE 846」の2つ。 まず、「阿武前寿し」だが店内にカウンターがあり、その奥で職人が寿しを握る昔ながらの寿司屋のスタイル。 奈古漁港で水揚げされた新鮮な魚介類を中心に20種類くらいの寿司ネタを味わうことが出来る。 営業は土日祝日の10時~13時30分まで。 残念ながら私が訪れた時間は営業時間外だったが、営業時間中は地元客や観光客でかなり繁盛するらしい。
 一方、「DINING CAFE 846」は水曜日を除く毎日営業で、営業時間も10時から21時(ラストオーダーは20時)と長いのが特徴。 「CAFE(喫茶店)」と名乗ってはいるが、定食や丼物のメニューが合計22種もあり、本格的なレストランと言っても良いだろう。 人気メニューは「阿武のおいしいもの定食(2200円)」。 阿武名産の「無角和牛」を使ったしゃぶしゃぶ、刺身/煮魚/干物の中から選択できる魚料理、 阿武町の2つの名物を同時に味わうことが可能な贅沢なメニューである。 2つの名物を一度に味わうのはもったいない、今回は「無角和牛」に専念したい、 という方には「無角和牛入りハンバーグ定食」がお勧め。こちらは財布にも優しい1050円のお得なメニューである。 逆に「魚料理」に専念したいという方には「鹿島定食(1750円)」がお勧め。 魚の煮つけと刺身盛り合わせのまさに魚尽くしのメニューになっている。 山口県を代表するブランド豚肉「むつみ豚」を使った料理も人気。 「むつみ豚とんかつ定食(1300円)」「むつみ豚カツとじ(1050円)」「見蘭牛とむつみ豚のキーマカレー(850円)」を味わうことが出来る。

夕日が美しい絶景温泉も

 最後に紹介するのは温泉施設。一番東側にある建物に入り階段を上がって2階に温泉がある。 泉質はカルシウムとナトリウムを多く含んだ塩化物泉。 名湯が多いと言われる塩化物泉だが、掛け流しではなく循環ろ過方式の温泉のため、泉質の評価は人によって意見が割れるだろう。 湯の種類は内湯とサウナ。残念ながら露天風呂は無い。 ただ、その分、利用料金は安く550円。JAF割引など各種割引を用いたら最大100円引きになるので、かなり割安と言えるだろう。 最大の特徴は大きな窓越しに見える日本海の風景。 特に夕日の時間帯は真っ赤に染まる海と空の絶景が広がる。 逆に注意したい点は湯舟、洗い場が共に狭いこと。 5人以上同時に入浴するとかなりストレスが溜まりそうな気がする。 夕刻の絶景の時間帯に入浴したいのは山々だが、その時間はかなり混雑するので夕刻前に入浴し、 夕陽の絶景は道の駅内にある展望テラスから眺めるのが私のお勧めである。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

木造の横長の駅施設

時計台

時計台に書かれた「全国道の駅発祥の地」の文字

物産館

高い屋根、広々とした物産館

阿武前寿し

物産館内にある阿武前寿し

温泉施設

日本海の絶景を見ながら入浴出来る温泉施設

出店「LaPin」

塩ソフト、牛乳ソフトが人気の出店「LaPin」。「ラビン」と書いて「ラパン」と読む。

幸せの鐘

駅の裏手に回ると展望テラスと幸せの鐘がある

鹿島(夫婦島)

展望テラスから見える2つの島(鹿島)は仲良く並ぶ様子から夫婦島と呼ばれている

Forever Love

愛を誓う木製のプレートがたくさん

近隣のお勧め宿泊施設

■夕景の宿 海のゆりかご 萩小町
 (口コミ平均4.3点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南西に8km
 - 料金(5,682円~)
 - (萩)温泉あり/食事付きプランもあり
 - 海沿いの宿、波の音が聞こえる絶景宿
 - じゃらん、楽天の両サイトでアワード受賞の宿

   

■眺望絶佳・露天風呂の宿 萩観光ホテル
 (口コミ平均4.4点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南西に8km
 - 料金(1人7,000円、2人計12,000円~)
 - (萩)温泉あり/食事付きプランもあり
 - 萩湾を眼下に見下ろす絶景の露天風呂が人気

   

■萩ロイヤルインテリジェントホテル
 (口コミ平均4.0点/5点満点、お勧め度★☆☆)

 - 道の駅から南西に13km
 - 料金(朝食付き1人5,910円、2人計7,820円~)

   

■14種類の湯めぐりの宿 萩本陣
 (口コミ平均4.5点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南西に14km
 - 料金(朝食付き1人11,000円、2人計16,000円~)
 - (萩)温泉あり/2食付きプランもあり
 - 大浴場、露天風呂、気泡湯など、14種類の浴槽あり
 - SL型シャトルバスで行く展望足湯あり

   

My Select

■夕景の宿 海のゆりかご 萩小町

日本海ギリギリに建つ温泉宿。耳を澄ませば心地よい波の音が聞こえる。 露天温泉から見る海と夕日の景色も見事。じゃらん中四国地区人気宿ランキング1位に輝いている。


近隣の宿をじゃらんnetでもっと調べる
近隣の宿を楽天トラベルでもっと調べる

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件、及び宿までの地図はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)