AROUND JAPAN

(広島県の道の駅 no.04)

道の駅 豊平どんぐり村

駅基本情報
駅名 豊平どんぐり村(とよひらどんぐりむら)
住所 広島県山県郡北広島町都志見12609
駅名の由来 「豊平」は市町村合併前の旧豊平町から。「どんぐり村」は道の駅登録前から存在した施設の「どんぐり荘」 「どんぐり館」より名称を継承。
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、おにぎり工房、宿泊施設、温泉、そば打ち体験施設
特産品 おにぎり工房「むさし」のおにぎり各種(花篭むすび/等)、まっちゃんの平餅、しば餅、 いなか寿し、もぐり寿し(ちらし寿し)、豊平の米(コシヒカリ/ヒトメボレ)、豊平そば、芸北りんごジュース、 可部かりんとう、神郷桃園の手作りジャム、漬物各種(高菜漬け/等)、そば焼酎「豊平」

スポンサーリンク

数多くの施設が揃う宿泊型総合施設

 中国自動車道の広島北ICから国道261号線/県道40号線を通って北に14km、 広島県北西部の旧豊平町(現北広島町)に本駅「豊平どんぐり村」はある。 旧豊平町は人口約4千4百人の小さな町(市町村合併の2004年当時)。 広島県の町制を敷くための人口要件は4千人なので、「限りなく村に近い町」と言える。 本駅周辺も山に囲まれた長閑な環境。 但し、周囲の環境とは裏腹に本駅は驚くくらいに客が多い。 大都市圏の広島市中心部から本駅までは高速道路を使えばおよそ1時間。 交通の便の良さが集客に繋がっているのだろう。
 もちろん本駅の人気の理由は交通の便の良さだけではない。 本駅には数多くの魅力的な施設が揃っている。 広島で愛され続けるむすび・うどんの専門店「むさし」、 採れたて新鮮野菜と豊平ならではの特産品を販売する「さんさん市」、 レストラン、温泉、宿泊施設もある。 また隣接の豊平総合運動公園では各種球技用のコートにトレーニングルーム、 広島カープの2軍戦も年に数回行われる。
 とにかく本駅は楽しみがいっぱいの道の駅。 旅程に余裕があれば、本駅の「どんぐり荘」に宿泊し、一泊二日で本駅の魅力を満喫するのは如何だろうか。

物産館では豊平の米と蕎麦が人気

 まずは特産品の紹介から。本駅の特産品販売は農作物直売所の一角にある「ふるさと館」、 及び、宿泊施設「どんぐり荘」のロビーの2ヵ所で行われている。
 「ふるさと館」では豊平の米を使った商品が人気。豊平米コシヒカリ(5kg/2300円)、豊平米ヒトメボレ(5kg/1900円)を始めとして、 豊平米を使った総菜の「いなか寿し」「稲荷ずし」「もぐり寿し(ちらし寿司)」「豚丼」が販売されている。 漬物が多く販売されているのも特徴で、特に「高菜漬け」が目立つ。 大根、きゅうり、みょうが等、多くの野菜が漬け込まれた「たまり漬」も名物になっている。 その他にも豊平の米を使った「まっちゃんの平餅」、「芸北りんごジュース」「たまごかけ醤油」等が特産品として販売されている。
 どんぐり荘のロビーにある特産品販売所では「豊平そば」が人気No.1の商品。 本駅のそば打ち道場で製造された、道場から直送のそばである。そば焼酎「豊平」も本駅ならではの商品。 広島県の安佐北区可部町の特産品の「可部かりんとう」も人気商品になっている。

「食」の施設も多彩

 続いて本駅の「食」の施設だが、本駅は「食」の施設も多彩。 むすび・うどんの店「むさし」、どんぐり荘内にあるレストラン「龍頭の里」、 そば打ち道場内にあるそば処の3つの食事処がある。
 むすび・うどんの店「むさし」は広島県民にはお馴染みの店。 しかし、広島県民以外は馴染みのない方が多いかも知れない。 それもそのはず、「むさし」は広島県内のみ店舗を展開する門外不出の店。 「むさし」ならではの味が広島県民の支持を受けている。 むさしの各店で人気メニューは異なるようだが、本駅ではおにぎり3つ、稲荷ずし、おかずが沢山入った「花篭むすび(860円)」が人気。 うどん類では「舞茸天ぷらうどん」が人気になっているようだ。
 どんぐり荘内のレストラン「龍頭の里」は様々なメニューが揃った、いわゆる正統派レストラン。 人気No.1メニューは名物の豊平そばに加えて天ぷら、稲荷ずしを味わう「そば里御膳(1450円)」。 ジビエ料理の「イノシシ丼セット(1050円)」や地産の豆腐を贅沢に味わう「豆腐御膳(1500円)」、 野菜がたっぷり入った煮込みそばの「野多味(やたみ)そば(1100円)」も人気になっている。
 そば道場内のそば処の名物はもちろん「豊平そば」。 そばの味をそのまま味わう「もりそば」「かけそば」や、 豊平らしくアレンジした「彩りちらしそば」「北広島大根そば」も味わうことが出来る。

リニューアルで綺麗になった温泉

 続いて、どんぐり荘内にある温泉「龍頭の湯」の紹介を。 実は今回、私は行楽日和の11月初旬の3連休の中日に本駅を訪れたため、本駅内の至る所で人が溢れていたが、 温泉だけは全く別で、まるで私の貸切風呂のよう。 もしかしたら立ち寄り湯が可能であるということを知らない人が多いのかもしれない。 利用料も600円とまあまあお手頃なので、結構、穴場の温泉施設と言えるかもしれない。
 泉質は単純弱放射性冷鉱泉。一般的にはラドン温泉と呼ばれる泉質である。 特徴は41度と43度の2種類の浴槽があること。 湯の温度は人によって好みが異なるが、2つの異なる温度の浴槽があれば、誰でも満足できるだろう。 温泉全体がきれいで清潔なのも嬉しい。受付の人に聞いた話では最近リニューアルしたばかりだそうだ。 ミストサウナも付いており、サウナ好きの方もきっと満足。 個人の意見としては露天風呂が無い点だけ唯一の不満だが、 大きな窓があり、露天でなくても開放感は十分。 窓の先には稜線が柔らかい山肌、美しい新緑も見ることが出来る。

日本一、神楽が行われる町

 ところで、北広島町は実は「日本一、神楽が開催される町」。 もちろん、毎日ではないが、本駅でも神楽が開催されることがある。 2014年に私が本駅を訪れた時は、ちょうど神楽の開催日。 昼間の本駅もかなりの賑わいだが、神楽の夜の賑わいは昼間とは比べ物にならない大変なもの。 出店も数多くあり、昼間とは違った楽しみがある。 神楽の日に本駅を訪れる方は、神楽の夜も楽しむのは如何だろうか。


道の駅看板

道の駅看板

むすび・うどんの店「むさし」

道の駅の入り口のすぐ近くにある、むすび・うどんの店「むさし」。 写真では人は写っていないが店内は超満員。

「むさし」の秋メニュー

「むさし」の秋メニュー。「松茸天ぷらうどん定食」はたったの930円。

物産館「ふるさと館」

物産館「ふるさと館」。あまり人は写っていないが、ここも店内は大混雑。

喫茶「331 cafe」

本文では触れなかったが喫茶「331 cafe」もある。人気はいちごとバニラのミックスソフトクリーム(300円)。

どんぐり荘

宿泊施設「どんぐり荘」。どんぐり荘内に物産館、レストラン、温泉がある。

そば打ち道場とそば処

そば打ち道場とそば処。もちろん名物は「豊平そば」。

神楽

北広島町は日本で最も神楽が数多く開催される町。神楽の夜は出店が出る。(2014年11月24日撮影)

神楽

神楽の夜は人、人、人…(2014年11月24日撮影)

近隣のお勧め宿泊施設

■どんぐり荘
 (口コミ平均4.0点/5点満点、お勧め度★☆☆)

 - 道の駅構内
 - 料金(5,319円~)
 - 温泉あり
 - 2人以上は食事付きプランもあり

   

■天然温泉 広島北ホテル
 (口コミ平均4.0点/5点満点、お勧め度★☆☆)

 - 道の駅から東に17km
 - 料金(1人5,228円、2人計8,638円~)
 - 温泉あり/食事付きプランもあり
 - 🐶ペット可のプランあり[1人9,091円、2人計14,546円~]
 - 皮膚のバリア機能が向上する日本初の乳酸菌温泉
 - 極上の天然水を使った料理が自慢

   

■アザレア千代田
 (口コミ平均4.1点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から北東に17km
 - 料金(1人3,273円、2人計4,546円~)
 - 朝食事付きプランもあり[+454円/人~]
 - テラスでBBQ可[要予約]
 - 楽天トラベルアワードで金賞受賞の宿

   

■温泉ホテル 温井スプリングス
 (口コミ平均4.2点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から西に26km
 - 料金(1人6,182円、2人計10,910円~)
 - 温泉あり/食事付きプランもあり
 - 🐶ペット可のプランあり[1人8,364円、2人計15,274円~]
 - 眼下に西日本最大級の温井ダム
 - 旬の食材に拘った料理が自慢

   

🐶ペット旅

■夢天文台 民宿 「憩」
 (口コミ平均4.1点/5点満点、お勧め度★★☆)

 - 道の駅から南に7km
 - 料金(5,910円~)
 - 朝食付きプランもあり
 - ペット可のプランあり[追加料金+2,500~3,500円]
 - 私設展望台あり。楽天会員は観望料無料

 

近隣の宿をじゃらんnetでもっと調べる
近隣の宿を楽天トラベルでもっと調べる

(※ 料金、宿泊条件は時期により変動する場合があります。
上記の料金等は目安としてご活用ください。
料金、宿泊条件、及び宿までの地図はリンク先のサイトでご確認いただきたく、よろしくお願いします)