AROUND JAPAN

(岡山県の道の駅 no.07)

道の駅 黒井山グリーンパーク

駅基本情報
駅名 黒井山グリーンパーク(くろいさんグリーンパーク)
住所 岡山県瀬戸内市邑久町虫明5165-196
駅名の由来 施設名より
施設 物産館、農作物直売所、海産物直売所、レストラン、プール、子供用遊戯施設
特産品 みかん、牡蠣

スポンサーリンク

岡山ブルーライン沿いの農作物販売中心の駅

中国自動車道の備前ICを降りて自動車専用道の「岡山ブルーライン」に乗る。ここからは20キロ程の距離があるが混雑は少なく、 信号もないためほどなく駅が見えてくる。ここは自動車専用道を使わなければ来ることが出来ない駅。 正確に言えば細い山道を登ってくれば徒歩、自転車でも来ることが出来そうだが、訪問客の99%は自動車を使ってやってきたのだろう。 辺りに民家は見えず自然豊かなロケーションで道を挟んで反対側には大きなお寺が見える。

リヤカーに乗った農作物販売

本駅は農作物直売が盛んで、2つの直売所がある。1つは道の駅施設の農作物直売所、もう一つはJA直轄の農作物直売所である。 農作物販売は一般的に地元住民が客になるので、こんな人里離れた場所に、 しかも2つも同じ物を販売する農作物直売所があって経営的に大丈夫なのかと思うのだが、実際はかなりの客が訪れていた。 ここの農作物直売所で目を引いたのはリヤカー市。採れたての新鮮農作物をリヤカーで運んで来たままの状態で販売されている。 実際のところは今の時代、運搬にリヤカーを使うことはあり得ないし、自動車専用道をリヤカーで曳いてくることはあり得ず、 単なる演出に過ぎないが、リヤカーに乗っている商品を見ると不思議と新鮮さを意識させられてしまう。

牡蠣の日には祭りが開催

誰がどのような理由で決めたのか分からないが11月23日は「牡蠣の日」らしい。毎年の牡蠣の日に本駅で「牡蠣祭り」が開催され、 美味しい牡蠣料理が振る舞われるそうだ。本駅からは海が見えないため、最初は「なぜここで牡蠣祭り?」と思ったが、 地図を見るとここは海のそばで牡蠣は特産品の一つらしい。今回私が訪れた時期は牡蠣祭りの数日前で、 従業員の方が色々と祭りの準備をしていた。近くに住んでいる方は祭りの日に訪れてみるのは如何だろうか。

遊具施設も充実

駅は子供用の遊具施設も充実している。特に夏の期間はプールがオープンし、多くの家族連れで賑わうらしい。


道の駅看板

道の駅看板。「黒井山」は「くろいさん」と読む。

駅施設

駅施設。左に物産館、右に農作物直売所がある。物産館は比較的小規模。岡山名物の「きびだんご」が目につく。

リヤカー市

リヤカーに乗せてみかんが販売されている。リヤカー販売は白菜もある。季節によって色々な野菜、果物がリヤカーに乗っているのだろう。

JA直轄の農作物販売所

こちらはJA直轄の農作物直売所。右の方では牡蠣を中心とした海産物販売も行われている。