AROUND JAPAN

(岡山県の道の駅 no.05)

道の駅 みやま公園

駅基本情報
駅名 みやま公園(みやまこうえん)
住所 岡山県玉野市田井2-4464
駅名の由来 公園名「深山公園」より
施設 物産館、農作物直売所、海産物販売所、レストラン、深山イギリス庭園
特産品 焼き穴子、ピオーネワイン、地酒、玉野穀物、備前焼、鷹ノ巣窒

スポンサーリンク

四国までもう少し、瀬戸内海沿いの駅

瀬戸中央自動車道の水島ICから東に20キロ、あるいは山陽自動車道の岡山ICから南に30キロ。 岡山と四国を結ぶ瀬戸大橋の辺りは岡山県側が半島のようにせり出しているが、その半島の先端部の玉野市に本駅はある。 県内では南から2番目の駅であるが、香川県の直島とは直線距離で約5キロ、四国本土の坂出市とは直線距離で約15キロで県内では最も四国に近い道の駅である。但し、本駅周辺は山に囲まれていて海は見えず、 どちらかと言えば山間の駅という雰囲気がする。本駅は花の名所として有名な深山公園に併設された道の駅で、 市民の憩いの場として多くの客を集めている。

名物の焼き穴子、一匹単位で売って欲しいな

本駅は物産館、農作物直売所、鮮魚販売所、焼き穴子売店、レストランがある。一つ一つの施設の規模はそれほど大きくないが、 多種多様な施設が揃っている。特にこの地方の特産品の「焼き穴子」専門店の出店が目についた。ただし値段は3匹で1300円(訪問時)。 1匹あたり430円で決して高くはないが3匹単位で売られているためお手頃とは言い難い。まず量的に3匹は1人で食べるには多すぎるし、 1300円は貧乏人には少々痛い出費である。まあ、そういう訳で名物の焼き穴子を食べることを断念してしまったが、 見た目と匂いは食欲をそそるものであった。物産館ではピオーネワイン、地酒、味噌、蜂蜜、玉野穀物等が特産品として販売されている。 シルクの洋服、備前焼、鷹ノ巣窒という工芸品も販売されている。山間の雰囲気と最初に紹介したが、 やはり海のそばということを意識させられるのが本駅の海産物直売所で、ここでは見たことのある魚、 見たことのない魚が多数販売されている。やはりここでも穴子が目についた。

深山イギリス庭園は美しいらしい

ところで本駅の目玉は道の駅から500m程のところにある「深山イギリス庭園」である。 残念ながら私がここを訪れたのは庭園が休みの水曜日でこの美しい庭園を見ることが出来なかったが、庭園のホームページを見ると、 いかにもイギリス風の美しい庭園が紹介されている。次回訪れる機会があればイギリス庭園を観賞してみたい。

(外部リンク) 深山イギリス庭園

道の駅看板

道の駅看板

物産館

物産館。ピオーネワイン、地酒、味噌、蜂蜜、玉野穀物等特産品が販売されている。

焼き穴子の出店

左側が焼き穴子の出店、右側が海産物直売所。瀬戸内海産の穴子、真鯛、サワラ、ワタリガニ等、訪れた日は24種の魚が販売されていた

深山イギリス庭園

ゲートの先が深山イギリス庭園