AROUND JAPAN

(岡山県の道の駅 no.04)

道の駅 くめなん

駅基本情報
駅名 くめなん
住所 岡山県久米郡久米南町下二ヶ1367-1
駅名の由来 町名より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン、陶芸教室
特産品 川柳饅頭、川柳煎餅、柚子マドレーヌ、寒干し沢庵

スポンサーリンク

田んぼの真ん中に建つ田舎駅

日本地図を見て頂くと分かり易いが、山陰自動車道、山陽自動車道、岡山自動車道がちょうどアルファベットの"C"の字のように繋がっている所がある。 本駅はその"C"の中心部にある。従って、3つの高速のどれを利用しても来ることが出来るが、 逆にどの高速を利用してもそれなりに下道を走る必要がある。 私は少しでも高速代を節約するために最寄りのICの一つ手前の山陽自動車道の和気ICから本駅に向かったが、 道中美しい吉井川の風景を見ることが出来た。その代りに最後に少々、険道(危険な県道)を通る必要があるが…。 岡山県久米南町にある本駅は典型的な田舎駅で田んぼの真ん中にポツンと駅がある感じである。 但し、施設は充実しており久米南町を満喫できる施設構成になっている。

ギネス登録も、日本一の川柳の町

久米南町は川柳日本一の町らしい。多人数で町に関する川柳を詠むということでギネスブックにも載っているそうだ。その数447人、 そのうち20名が居眠りをしたということで失格になったというのは少々笑えるが、427人という記録がギネス登録されているらしい。 そういうこともあり、本駅の特産品は川柳饅頭と川柳煎餅である。その他柚子マドレーヌ、寒干し沢庵、蒜山焼きそば、 津山ホルモンうどん等も特産品として販売されている。なお、物産館では売上ベスト10が張り出しており、1位に輝いたのがクルミであった。 久米南町でクルミは特産品なのかを聞いてみたところ、そうではなく「クルミが体に良い」というテレビ番組の影響のためらしい。 久米南町の特産品がテレビで紹介された健康食品に負けてしまった形であるが、 遠方から訪れた方はクルミではなく、久米南町の特産品を購入してもらいたいものである。

陶芸教室に松茸直売所も

訪れた時期は既に旬ではなかったため閉店していたが、ここには松茸直売所がある。一体、いくらするのだろう。 この田舎のど真ん中でどのくらい売れるのだろうか、興味は尽きない。駅には陶芸教室もあり観光の拠点としても機能している。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。左に物産館、右に軽食堂がある。軽食堂ではそば、うどんを食べることが出来る。右側の物産館の奥にもレストランがある。

松茸直売所

訪れた時は閉店していたが松茸直売所がある

陶芸教室

陶芸教室もある

駅周辺の風景

駅周辺は田んぼが広がっている