AROUND JAPAN

(島根県の道の駅 no.19)

道の駅 本庄

駅基本情報
駅名 本庄(ほんじょう)
住所 島根県松江市野原町401-8
駅名の由来 「本庄」は地域名。昭和30年代までは本庄村が存在した。
施設 物産館、農作物直売所、軽食堂、コンビニエンスストア
特産品 餅菓子「弁慶の焼きどころ」、西条柿、干し柿、柿ジャム、島大農場番茶、トマトジュース、ニンニク味噌、 しじみ飯の素、焼アゴ出汁茶漬け、アゴの出汁、鯛の出汁、干物「ノドグロそのまま」「レンコ鯛そのまま」、出雲そば

スポンサーリンク

弁慶伝説が残る町

 山陰自動車道の米子西ICから県道47号線/県道338号線を通って北西へ。 途中、「あり得ない急坂」としてCMにも登場した「江島大橋」、湖の中の一本道の「森山橋」など、 視覚的インパクトが強い道路を走ること約30km、 やがて「中海」という名の湖の北側の湖畔に本駅「本庄」が見えてくる。 実は、高速道路からの最短アクセスは山陰自動車道の松江JCTから北東に13km。 ただ、ドライブの楽しさを考えると絶対に米子西ICからのアクセスがお勧めである。 但し、急坂の江島大橋の頂上からの景色は「美しい」を通り越して「怖い」感じ。 高所恐怖症の方は松江JCTからのアクセスの方が良いだろう。
 本駅が位置する松江市本庄地区は弁慶伝説が残る街。 平安後期から鎌倉時代にかけて、実在したかどうかは定かでない「武蔵坊弁慶」だが、 本庄地区には多数の弁慶伝説が残っており、弁慶が生まれ育った地とも言われている。 本駅周辺には「弁慶の森」「弁慶の立岩」「弁慶島」など弁慶に纏わる名所が多数存在。 旅程に余裕のある方は本駅訪問のついでに、弁慶のゆかりの地巡りを楽しむのは如何だろうか。

名物は「西条柿」と「弁慶の焼きどころ」

 本駅は物産館、農作物直売所、軽食堂、コンビニエンスストアから成る道の駅。 印象としては「田舎町のこじんまりとした道の駅」という感じだが、 私が訪れた日が土曜日だったせいか店内はかなり混雑。 ただ、島根県が発表している本駅の年間入込客数は9万6千人と少ない。 私が混雑していると感じたのは店内が狭いこともあるのだろう(10人も人がいればかなり窮屈に感じる)。
 物産館で目に付く商品は「西条柿」と「弁慶の焼きどころ」。 「西条柿」は本庄地区の昔からの特産品であり、西条柿そのものを始めとして、西条柿の干し柿、 柿ジャム等が販売されている。もう一つの名物の「弁慶の焼きどころ」はもちろん「弁慶の泣き所」に掛けたダジャレ。 中身は薄く焼いた餅の中にたっぷりと入った餡が入った餅菓子。ご丁寧に焼き印も押されている。 価格は1個100円、売店で焼き立ての状態で販売されているので、本駅を訪れた際は記念に1つは食べてみたい。
 島根大学と共同開発した商品も本駅の人気商品。 「島大農場番茶(500g入り788円)」「トマトジュース(720mg入り1200円)」等、ちょっとサイズが大きい商品が多いが、 大家族の方には丁度良さそう。保存が効くので小家族の方でも大丈夫だろう。 その他にも干物の「ノドグロそのまま」「レンコ鯛そのまま」や「しじみ飯の素」 「焼きアゴ出汁茶漬け」等の海産物加工品も販売されている。

軽食堂ではうどん、カレー、おにぎりを提供

 その他の施設を簡単に紹介すると、本駅の農作物直売所では地産の野菜を約40種販売。 特に珍しい野菜は見受けなかったが、あえて特徴を探すなら「つるむらさき」と「さつまいも」が数多く販売されているところだろうか。 商品の殆どは地元の松江市産。しっかりと地産地消の役割を果たしている。
 軽食堂ではうどん、カレー、おにぎりなど提供。 特徴は安さで、「きつねうどん」は391円、「弁慶うどん(餅入りのうどん)」は391円、 「カレーライス」は419円、「わかめおにぎり」は102円、「山菜おこわ」は204円で味わうことが出来る。 手軽に食事を済ませたい方には最適だろう。

足を伸ばして弓ヶ浜と鬼太郎ロードへ

 本駅の紹介は以上だが、道の駅巡りと共に周辺の観光地を巡っている方に、もう一つ情報を追記したい。 それは、本駅から東に20キロ、境港市にある「弓ヶ浜海岸」と「鬼太郎ロード」。
 弓ヶ浜海岸は日本の白砂青松百選の一つに数えられている名勝。 弓ヶ浜の名称が示す通り、弓のように海岸線がなだらかに湾曲しているのが特徴。 この独特の形状のため、どこまでも海岸線が見渡すことが出来る。 日本海側独特の荒波と群生する青松も見どころである。
 鬼太郎ロードは漫画家の水木しげる氏の名作「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪のモニュメントが並ぶ道。 JR西日本/境線の境港駅を起点とする鬼太郎ロードにはゲゲゲの鬼太郎に登場する「鬼太郎」「目玉おやじ」 「ねずみ男」「ねこ娘」等、全部で177体の妖怪ブロンズ像が並んでいる。 鬼太郎ロードの終点には水木しげる氏の記念館があり、水木さん独特の人生観に触れることが出来る。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。左側に物産館とレストラン、右側にコンビニがある。

弁慶生誕の地のモニュメント

弁慶生誕の地のモニュメント。幼いころの弁慶と母。 でも、どうせなら甲冑を身に纏った大人のカッコいい弁慶の像を見たいような。

柿の販売

農作物直売所では柿や干し柿が多数販売されている

弁慶の焼きどころ

本駅の名物「弁慶の焼きどころ」。1個100円。

駅から見る中海

駅から見る中海。うっすらと見える山はおそらく大山。

江島大橋

駅から見る「あり得ない急坂」の江島大橋。ダイハツのCMで有名になった。

弓ヶ浜海岸

少し足を伸ばして境港市へ。日本の白砂青松百選の1つに選定されている弓ヶ浜海岸。 緩やかに婉曲している地形のため、どこまでも海岸線が見える。

水木しげる氏の記念館

水木しげる氏の記念館