AROUND JAPAN

(島根県の道の駅 no.13)

道の駅 キララ多岐

駅基本情報
駅名 キララ多岐(キララたき)
住所 島根県出雲市多伎町多伎135-1
駅名の由来 「キララ」は駅横の「キララ海岸」より。キラキラと輝く海岸の様子から「キララ海岸」と名付けられた。 「多伎」は市町村合併前の旧町名の多伎町より。
施設 物産館、レストラン、パン工房、ソフトクリーム売店
特産品 いちじく関連商品、いちじくソフトクリーム

スポンサーリンク

いちじく尽くしの道の駅

山陰自動車道の出雲ICから国道9号線沿いに西に約7キロ。車窓の右側に日本海が見えて来るのとほぼ同時に本駅が見えてくる。旧多伎町の 中心街に位置し周囲には民家や商業施設が並ぶ比較的賑やかな場所に本駅は位置している。旧多伎町はいちじく生産が盛んな町。そのような訳で 本駅「キララ多伎」はまさに「いちじく尽くし」の道の駅である。これほど一つの食材に拘った道の駅は珍しく、他では千葉県の「とみうら枇杷倶楽部」 (枇杷に拘った道の駅)が思い付く程度。特徴のある道の駅というのは旅をする者にとっては中々嬉しいものである。

いちじく商品ラインナップを紹介

駅施設は物産館、レストラン、パン工房、ソフトクリーム売店から構成されている。中心となる物産館のいちじくに拘った商品を紹介する。 まずは「いちじくフィナンセ」「いちじくブッセ」といった菓子類。多伎土産品としては最適である。更に「いちじくプリン」「いちじくジャム」 「いちじくドレッシング」「いちじく生シュークリーム」「いちじくチョコレート」、その他色々ないちじく関連商品が並んでいる。更に更に、 出店コーナーに足を運ぶと「いちじくソフトクリーム」「いちじくクレープ」「いちじくジュース」、極めつけは少し道の駅からは距離があるが 「いちじく温泉」。いちじくのオンパレードである。一応補足しておくと、出雲そば等の一般的な島根県の特産品も販売されているので、いちじく に興味の無い方でもご安心を。レストランではアゴ(飛び魚)入りの塩ラーメンが人気のようだ。

キララ海岸に沈む夕日を楽しもう

駅施設の北側階段を下りると、そこにはキララ海岸が広がっている。キララ海岸は海がキラキラと輝くことから命名された海岸だが、 夕刻には夕日で真っ赤に染まる。国土交通省が定めた「とるぱ」(写真スポットがセットになった駐車場)に指定されている本駅の駐車場は 絶好の夕日の撮影ポイント。地球が丸いことを感じることが出来る水平線に沈む真っ赤な夕日は美しいので、なるべくなら本駅は夕刻に訪れたい。 いちじくに拘った品揃えと合わせて、個人的には大好きな道の駅の一つである。


道の駅看板

道の駅看板

物産館

いちじく商品がずらりと揃う物産館

物産館店内

店内はとても綺麗。その中央部にいちじく製品が並んでいる。

いちじく商品

数あるいちじく商品の中からブッセとジャムを購入

レストラン

レストランでは「さけイカ丼」、「アゴ入りラーメン」等、海の幸を味わうことが出来る。

キララベーカリー

キララベーカリーでは「いちじくクルミパン」「生いちじくペストリー」等が人気のようだ

日本海に沈む夕日

日没時には日本海に沈む夕日を見ることができる