AROUND JAPAN

(島根県の道の駅 no.12)

道の駅 かきのきむら

駅基本情報
駅名 かきのきむら
住所 島根県鹿足郡吉賀町柿木村柿木500-1
駅名の由来 市町村合併前の村名の柿木村より
施設 物産館、農作物直売所、レストラン
特産品 柿木味噌、干し椎茸、干しきくらげ、おしんみかん

スポンサーリンク

有機農業の里

中国自動車道の六日市ICから国道187号沿いに北に約20キロ。長い下道のドライブになるが、道中、いくつもの美しい棚田の風景に遭遇するため 運転に飽きることは無いだろう。やがて長らくの田んぼの中のドライブが終わり久々に民家と信号が見えてきたのと同時に道の駅看板が 見えてくる。本駅は物産館、農作物直売所、レストランからなる道の駅。なお道の駅施設には含まれていないが隣接の施設として、温泉施設と 旅館「はとのゆ荘」がある。柿木村は安心、安全な食べ物をモットーとしており、農薬を使わない野菜、農薬を使わないお米を提供している。

営業時間が非常に短いレストラン

物産館、農作物直売所はやや小さ目の規模、夕方に訪れたこともあり客は少なかった。特産品としては「柿木味噌」「干し椎茸」「干しきくらげ」 「おしんみかん」が目についた。物産館の横にレストランがあるが日曜、祝日の11時から14時までの短い営業時間なので、ここで食事をする方は 計画的に旅程を考えなければならない。ごはん、味噌汁、漬物、煮物、サラダに焼き物、まさに懐かしい日本の農村の食事を味わうことが出来る。


道の駅看板

道の駅看板

駅施設

駅施設。右側に物産館と農作物直売所、左側にレストランがある。

うどん、そばの売店

かきのき村のモットー「V1」と「R1」。Vはvegetable、Rはriceの意味らしい。

うどん、そばの売店

物産館兼農作物直売所。販売されている農作物は全て無農薬の有機栽培。

うどん、そばの売店

田舎料理を食べることが出来るレストラン「ごはん屋かきのき」